オダギリジョー×蒼井優×松田翔太「オーバー・フェンス」16年9月公開決定 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年12月28日 > オダギリジョー×蒼井優×松田翔太「オーバー・フェンス」16年9月公開決定
メニュー

オダギリジョー×蒼井優×松田翔太「オーバー・フェンス」16年9月公開決定

2015年12月28日 17:30

主人公・白岩義男(オダギリジョー)をとらえた一場面「オーバー・フェンス」

主人公・白岩義男(オダギリジョー)をとらえた一場面
(C)2016「オーバー・フェンス」製作委員会
[拡大画像]

[映画.com ニュース] オダギリジョーが主演し、蒼井優松田翔太と共演した山下敦弘監督作「オーバー・フェンス」が、2016年9月に東京・テアトル新宿ほか全国で公開されることが決定した。

芥川賞候補に5度名を連ねながら、1990年10月に41歳で自殺した作家・佐藤泰志さんの同名小説を、「苦役列車」「味園ユニバース」などの山下監督が映画化。「函館3部作」と位置づけられる佐藤さんの著書は、これまで「海炭市叙景」が熊切和嘉監督、「そこのみにて光輝く」が呉美保監督によって映画化されており、最終章「オーバー・フェンス」のバトンは、熊切&呉両監督と同じく大阪芸術大学出身の山下監督が引き継いだ。

今作は、佐藤さんが小説家としての人生を諦めかけ、職業訓練学校で過ごしていた日々をモチーフに描く。主人公・白岩義男役を精神を研ぎ澄ませて演じたオダギリについて、山下監督は「オダギリさんは最近の作品を見ていると、すごく素敵に年を重ねているなと思い、主人公・白岩を同世代の俳優の中で代弁してもらえるのは、オダギリさんしかいないと思った」と称賛。さらに、「今まで世代が若い主人公の作品を撮ることが多く、自分に近い等身大の主人公として、共感、親近感が沸く主人公は久しぶりだった」と作品を振り返っている。

人が誰かとともに生きたいと願う姿を、切実に映したラブストーリー。故郷・函館の職業訓練校に通いながら失業保険で暮らしていた白岩は、訓練校とアパートの往復を惰性で繰り返していた。そんななか、訓練校の友人・代島(松田)に連れられ入ったキャバクラで、鳥の動きをまねる若いホステス・聡(蒼井)と出会う。白岩は、危うさと美しさを持つ聡に急速に惹かれていく。

オーバー・フェンス」は、「そこのみにて光輝く」で高い評価を得た脚本・高田亮、音楽・田中拓人、撮影・近藤龍人、照明・藤井勇が再結集。16年9月にテアトル新宿ほか全国で公開される。

海炭市叙景[Blu-ray/ブルーレイ] 海炭市叙景[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,629 佐藤泰志が、自身の故郷である函館をモデルにした“海炭市”が舞台の幻の小説を映画化。そこに生きる人々の冬の出来事を綴ったドラマ。
そこのみにて光輝く 豪華版【Blu-ray】[Blu-ray/ブルーレイ] そこのみにて光輝く 豪華版【Blu-ray】[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥4,385 短い函館の夏を舞台に、生きる目的を見失った男と愛を諦めた女との出会い、そして底辺で生きる家族を慈しむような眼差しで描き、唯一の長編小説にして最高傑作と言われる「そこのみにて光輝く」の、発刊から24年を経て綾野剛を主演に映画化した作品。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi