北川景子、“恩師”からの結婚祝福に感無量「胸がいっぱいです」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年1月16日 > 北川景子、“恩師”からの結婚祝福に感無量「胸がいっぱいです」
メニュー

北川景子、“恩師”からの結婚祝福に感無量「胸がいっぱいです」

2016年1月16日 13:04

DAIGOとの結婚を祝福された北川景子「の・ようなもの のようなもの」

DAIGOとの結婚を祝福された北川景子
[拡大画像]

[映画.com ニュース]2011年に急逝した故森田芳光監督デビュー作の続編「の・ようなもの のようなもの」が1月16日、全国50スクリーンで公開初日を迎え、主演の松山ケンイチをはじめ共演の北川景子伊藤克信尾藤イサオ野村宏伸杉山泰一監督が東京・新宿ピカデリーでの舞台挨拶に出席した。

森田監督ゆかりのキャスト・スタッフ陣が結集し、オマージュをささげた今作。「僕達急行 A列車で行こう」(12)でも主演を務めた松山は、満場の客席を見渡し「こんなにたくさんだと、さすがに緊張しますね」と照れ笑い。「間宮兄弟」(06)で映画デビューを飾った北川は、「初日にたくさんの方々に見て頂くことは、私たちの喜び。皆さんの顔を拝見できて、とても嬉しいです」と謝辞を述べた。

またこの日は、森田監督の妻で映画プロデューサーの三沢和子氏から、松山と北川へ手紙が寄せられた。「森田が『男たちの大和 YAMATO』を見て、『すごい役者を見つけた』と目を輝かせていたことが、今でも焼き付いています。『椿三十郎』の撮影初日には、『松山は自分と感性が一致する』と、その後も変わることがない絶大な信頼が生まれていました」と称賛された松山は、「森田監督ともっともっと一緒にやって、自分も同じところに立って『ここはこうしたらいい』と揉めたかった。揉めるところまでいけなかった。その感性についていくのに必死でした」「森田監督は『続編なんて作っちゃって』と笑っているかもしれませんが、見て頂いて、意見を頂きたかったです」と思いを馳せた。

さらに北川への手紙には、「ご結婚おめでとうございます!」とのメッセージが。DAIGOとの結婚発表会見後初の公の場となっただけに、客席から祝福の声が上がるなか、北川は「ありがとうございます、すみません」と感謝。続けて、「人生にはいろいろありますが、理解しあった伴侶となら、どんなことも乗り越えられますよ。とても頼りになりそうな旦那さんの力を借りて、ますます素敵な女優さんとなってください。では、D・I・O。どうぞ、いつまでも、お幸せに。そして森田からは、『北川、良かったな!』」と読み上げられた。

“恩師”ともいえる森田監督、三沢氏からの手紙を受け、北川は「11年前、『間宮兄弟』のオーディションで森田監督と三沢さんにお会いして、今日まで続けてこられました。お手紙を頂いて、胸がいっぱいです」と感無量の面持ち。そして、客席に向かって「森田監督が今日もこの様子をご覧になってくれていると思いましたし、だからこそ客席がいっぱいであってほしかった。こんなに来て頂いて、本当にありがとうございます」と頭を下げ、「森田さんのことを忘れてもらいたくない。たくさんご覧になって、森田監督や作品、これから続いていく映画界を、よろしくお願いいたします」と熱心に呼びかけていた。

(映画.com速報)
僕達急行 A列車で行こう[Blu-ray/ブルーレイ] 僕達急行 A列車で行こう[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥4,044 大企業で働くマイペースな青年と、下町の鉄工所の跡取り息子が、大好きな鉄道を通して友情を育み、恋や仕事に悪戦苦闘する姿を描いた、森田芳光監督が贈るハートフル・コメディ!
間宮兄弟 Blu-ray スペシャル・エディション[Blu-ray/ブルーレイ] 間宮兄弟 Blu-ray スペシャル・エディション[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,139 江國香織の原作小説を森田芳光監督が映画化。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 淵に立つの評論 淵に立つ 家族神話の幻想を通して浮かび上がる人間の闇
  • SCOOP!の評論 SCOOP! 大根仁が引き出す、新しい福山雅治のカッコ良さ
  • お父さんと伊藤さんの評論 お父さんと伊藤さん 必ずしも分かり合えない家族や恋人、それでも向き合い一歩を踏み出す瞬間
映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

映画会社ムヴィオラ

映画宣伝は大変な仕事ですが、素晴らしい映画を届ける仕事はとても楽しいです。

職種宣伝スタッフ

ココロヲ・動かす・映画社 〇(まる)

2015年度台湾興収No.1! 「私の少女時代」(我的少女時代 OURTI...

職種配給宣伝 営業・制作進行、映画字幕翻訳 映像編集 劇場(映画館カ...
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi