松山ケンイチ、“銭湯寄席”にしみじみ「決して経験できない貴重なもの」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年1月6日 > 松山ケンイチ、“銭湯寄席”にしみじみ「決して経験できない貴重なもの」
メニュー

松山ケンイチ、“銭湯寄席”にしみじみ「決して経験できない貴重なもの」

2016年1月6日 14:00

伊藤克信、内海桂子、松山ケンイチ、三遊亭小遊三、杉山泰一監督「の・ようなもの のようなもの」

伊藤克信、内海桂子、松山ケンイチ、三遊亭小遊三、杉山泰一監督
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 故森田芳光監督デビュー作の続編「の・ようなもの のようなもの」の公開直前“銭湯寄席”トークイベントが1月6日、東京・三ノ輪の銭湯「有馬湯」で行われ、主演の松山ケンイチ、共演の伊藤克信内海桂子、メガホンをとった杉山泰一監督、落語家の三遊亭小遊三が出席した。

主人公・出船亭志ん田(松山)と出船亭志ん魚(伊藤)が、有馬湯の浴場内で落語を披露するシーンがあることから、この日のイベントが実現。松山は「撮影は一昨年ですから、ものすごくなつかしい」と凱旋を喜び、「今日のように(有馬湯に)お客さんを入れて、『初天神』という話を最初から最後までやらせていただきましたが、決して経験できない貴重なものでした」としみじみと振り返った。

一方で、松山は自身の落語家ぶりを称賛されたものの、「落語は好きですが、聞くのとやるのとでは全然違う!」と謙そん。それでも小遊三が「見事な初天神でした」といい、司会を務めた古今亭志ん丸も「決して寄席の世界には入って来ないでほしい。僕たちの仕事がなくなっちゃいますから」と絶賛すると、浴場に観客の拍手が響き渡った。

また、前作「の・ようなもの」(1981)に続き出演した93歳の内海は、「有馬湯からすぐそこのところに住んでいたから、ここにはよく来ていました」とニッコリ。そして「しゃべるというのは、ただ話をするのとは違う。お客さんにぶつかっていって、言葉が生きていないといけない。目でものを言ったり、身体で表現しないといけない」と芸への矜持をのぞかせると、松山は「一言一言が重いので、受け止めきれない!」と感服しきりだった。

の・ようなもの のようなもの」は、生真面目落語家“のようなもの”である志ん田が、かつて出船亭一門にいた兄弟子・志ん魚に再び高座に立つよう説得するべく、共同生活をスタートさせる様子を描いた。1月16日から東京・新宿ピカデリーほか全国で公開。

(映画.com速報)
の・ようなもの[DVD] の・ようなもの[DVD] 最安価格: ¥2,000 ありふれた青春の断片を軽妙なタッチで綴った“おかしくてちょっと切ない”青春コメディー!

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

ココロヲ・動かす・映画社 〇(まる)

2015年度台湾興収No.1! 「私の少女時代」(我的少女時代 OURTI...

職種配給宣伝 営業・制作進行、映画字幕翻訳 映像編集 劇場(映画館カ...
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi