スーパーマンが地球を逆回転させるために必要な速度は? 英大学生が本気で計算 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年12月27日 > スーパーマンが地球を逆回転させるために必要な速度は? 英大学生が本気で計算
メニュー

スーパーマンが地球を逆回転させるために必要な速度は? 英大学生が本気で計算

2015年12月27日 12:00

映画「スーパーマン」の名場面を科学的に解明?「スーパーマン」

映画「スーパーマン」の名場面を科学的に解明?
写真:Everett Collection/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] どれほど早く飛べばスーパーマンは地球を逆回転させることができるのか、英レスター大学の天文物理学科の学生4人が導き出した。

1978年の映画「スーパーマン」で、スーパーマン(クリストファー・リーブ)が地球の周りを飛び、時間を巻き戻すシーンに着想を得たもの。学生たちは時間を巻き戻すのは「ナンセンス」としたうえで、スーパーマンが50秒間、赤道の上空を大気圏の外側100キロメートルの位置で飛ぶと仮定し、現在の自転と同じ速度で逆回転させるために必要な飛行速度を計算した。

その答えは、時速10億6216万7040キロメートル。秒速にすると29万5046キロメートルで、光速の98%におよぶ。それだけでは足りず、カル=エルは107キログラムの体重を14億6100万キログラム、実に1370万倍に“増量”する必要があるという。これは、スーパーマンが生み出したエネルギーはすべて、地球自体の回転にだけ作用する前提の下での回答だ。

この条件を満たした場合、スーパーマンには重力場が発生する。50秒という短時間であれば、月が地球に落下する危険はないが、小惑星などを引き寄せるには十分な力だという。さらに、大気は自転の変化についていくことができないので、地表では音速の3倍近い秒速929メートルの風が吹き荒れ、気圧の急激な変化が生じると考えられる。結果として、人類はおろか地球上すべての生物が絶滅するおそれがあるので、「絶対に真似しないように」とのことだ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi