デス・スターの実現を要望するオンライン嘆願書にホワイトハウスが返答 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年1月16日 > デス・スターの実現を要望するオンライン嘆願書にホワイトハウスが返答
メニュー

デス・スターの実現を要望するオンライン嘆願書にホワイトハウスが返答

2013年1月16日 16:00

宇宙要塞デス・スター建設を市民が嘆願「スター・ウォーズ」

宇宙要塞デス・スター建設を市民が嘆願
写真:Everett Collection/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「スター・ウォーズ」シリーズに登場する架空の宇宙要塞デス・スターを実現してほしいという一般市民の嘆願書に、ホワイトハウスが正式に返答したとハリウッド・レポーター紙が報じた。

ホワイトハウスはオバマ政権になってから、We the Peopleというオンライン嘆願プログラムを開始。市民の声を積極的に政策に取り入れるための試みで、2万5000人以上の署名を集めた嘆願書については、ホワイトハウス側が正式に返答すると約束していた。デス・スターの実現の要望もWe the Peopleに寄せられたもので、いまから予算を確保し、2016年に建設を開始してほしいという嘆願書には、すでに3万4000人以上が署名をしていた。

これに対し、先日、ホワイトハウスの米国行政管理予算局の科学・宇宙担当のポール・ショークロス氏が正式に返答。オバマ政権は雇用の創出と強い国防という目的には共感するものの、デス・スターの建築の予定はないときっぱり。その理由として、以下の3点を挙げた。

1.デス・スターの建築には85京ドル(850,000,000,000,000,000)以上のコストがかかると推定されます。現在、われわれは財政赤字を減らそうとしており、増やそうとはしていません。
2.アメリカ政府は惑星破壊を支持しておりません。
3.デス・スターには、1人乗りの宇宙船によってつけいることができる根本的な欠陥があります。

ショークロス氏は、架空の宇宙要塞の実現の可能性についてまじめに答えた上に、宇宙開発におけるオバマ政権の成果を述べている。さらに、署名を寄せた人の大多数が若者であることを踏まえたうえで、「あなたが科学やテクノロジー、工学や数学に関する分野を志すのであれば、フォースの共にあらんことを!」と締めくくっている。

スター・ウォーズ コンプリート・サーガ ブルーレイBOX〔初回生...[Blu-ray/ブルーレイ] スター・ウォーズ コンプリート・サーガ ブルーレイBOX〔初回生...[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: - ジョージ・ルーカスが贈る、SF映画「スター・ウォーズ」シリーズ全作を収録したブルーレイBOX。未公開シーンや別テイクシーンなど、ファン垂涎の『スター・ウォーズ』アーカイブを合計30時間以上収録のボーナス・ディスク3枚付!
BARACK OBAMA バラク・オバマ[DVD] BARACK OBAMA バラク・オバマ[DVD] 最安価格: ¥648 第44代アメリカ合衆国大統領選挙に、圧倒的支持を得て勝利した“バラク・オバマ”の軌跡を描いたDVD。彼の大統領選挙までの道のり、当選後の映像も収録。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi