トータス松本&大原櫻子&亀田誠治、映画「ちびまる子ちゃん」に声優で参加 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年12月5日 > トータス松本&大原櫻子&亀田誠治、映画「ちびまる子ちゃん」に声優で参加
メニュー

トータス松本&大原櫻子&亀田誠治、映画「ちびまる子ちゃん」に声優で参加

2015年12月5日 12:00

声優にも挑戦した「ウルフルズ」 トータス松本(右)、大原櫻子、亀田誠治氏「ちびまる子ちゃん」

声優にも挑戦した「ウルフルズ」
トータス松本(右)、大原櫻子、亀田誠治氏
(C)2015さくらプロダクション/
フジテレビジョン 日本アニメーション 東宝
[拡大画像]

[映画.com ニュース]「映画ちびまる子ちゃん イタリアから来た少年」のエンディング曲「おーい!!」を担当する「ウルフルズ」のトータス松本、挿入歌「キミを忘れないよ」を歌う大原櫻子、同曲のプロデューサーである亀田誠治氏が、同作に声優としても参加することになった。

トータス松本は、まる子と友蔵、さくら家にホームステイするイタリア人の男の子・アンドレアが旅先で出会う大阪のおっちゃん役を演じた。アフレコでは一発OKをもらったが「何回もテイクを重ねて、うまくなっていく2人(大原・亀田)を見て、悔しかった!(笑)」と物足りない様子。国民的アニメのキャラクターとの触れ合いを「余裕がなかったんで覚えてないです(笑)」といい、「友蔵さんに道聞かれたんやった! でき上がってから噛み締めます!」と喜びを爆発させた。

歌手のみならず女優としても活躍する大原は、今回が声優初挑戦。アンドレアのお母さん役を演じ、「アフレコは楽しかったの一言です」と充実感をにじませた。「『ちびまる子ちゃん』のキャラクターと触れ合って、正直実感がまだないですが、できあがりがすごい楽しみです」と期待に胸を膨らませている。

また、アンドレアのお父さん役の声を担当した亀田氏は、「25年前にリアルタイムで見ていた作品、自分の人生の半分を一緒に歩んでいる作品に、音楽を作ることができたり、声優として参加することもできて、生きているといいことがあるなって感じました」とコメントを寄せている。

映画ちびまる子ちゃん イタリアから来た少年」は、さくらももこ氏原作のテレビアニメの放送25周年を記念し製作された。世界5カ国の子どもたちがホームステイにやってきたことから、まる子やクラスメートたちが静岡・清水の町を飛び出し、大阪や京都など初めての土地を訪れる様子を描く。12月23日から全国公開。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi