「映画ちびまる子ちゃん」アフレコなのに劇団ひとり、ビートたけしで「うるさいよ、バカヤロウ」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年11月8日 > 「映画ちびまる子ちゃん」アフレコなのに劇団ひとり、ビートたけしで「うるさいよ、バカヤロウ」
メニュー

「映画ちびまる子ちゃん」アフレコなのに劇団ひとり、ビートたけしで「うるさいよ、バカヤロウ」

2015年11月8日 21:45

アフレコに臨んだ中川大志、劇団ひとり、ローラら「映画ちびまる子ちゃん イタリアから来た少年」

アフレコに臨んだ中川大志、劇団ひとり、ローラら
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「映画ちびまる子ちゃん イタリアから来た少年」の公開アフレコが11月8日、都内のスタジオで行われ、ゲスト声優を務める俳優の中川大志、タレントの劇団ひとり、ローラ、振付師でタレントのパパイヤ鈴木、お笑いタレントの渡辺直美が収録に臨んだ。

テレビアニメの放送25周年を記念し、23年ぶりとなる劇場版。中川はまる子の家にホームステイするイタリア人少年アンドレア役で、高木淳監督から「うますぎて面白くないかな。もうちょっと、まる子に気があるんじゃないかという色をつけてみようか」などと細かい注文を受けながら、時には身振り手振りを交えて声を当てた。

声優は初挑戦で、多くの取材陣を前に「やっぱり緊張しますね」と照れ笑い。それでも、「涙なしでは見られないすごく感動できる作品。アンドレアとまる子の甘酸っぱい恋模様も楽しんでほしい」と満足げに話した。

ひとりはインド人少年のシンに扮したが、丸尾くんのお父さんに笑いかけるシーンでいきなり「ひっこめ、クソジジイ」と絶叫するなど暴走気味。テーク2では、「うるさいよ、バカヤロウ」とビートたけしのモノマネをぶち込むなど、「擬似アフレコだから」とやりたい放題だ。

高木監督が「口の動いていないところなので、ちょっと…」とダメ出ししても、「納得いかないな」とゴリ押し。「じゃあ、何とかこれでやってみます」と無理やりOKを出させ、ドヤ顔で悦に浸った。

香港少女シンニー役のローラにいたっては、本番でいきなり最初のセリフを忘れ全員が大爆笑。鈴木が「ローラは始まる前に、必ず『今、何ページ?』って聞いてくる」と暴露したが、「全然違うこと考えていた。何でだろう。自分が不思議。でも、本当にいい経験だったよ。映画館に行くのが楽しみ」と、相変わらずのマイペースだった。

映画ちびまる子ちゃん イタリアから来た少年」は、原作者のさくらももこさんがオリジナルで執筆。まる子やたまちゃん、花輪くんらが、世界各国からやって来た子どもたちと清水を飛び出し、京都・大阪旅行で交流を深めていく姿が描かれる。12月23日から全国で公開される。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi