「ドラゴン・タトゥーの女」続編、ルーニー・マーラ代役にアリシア・ビカンダーが浮上 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年11月9日 > 「ドラゴン・タトゥーの女」続編、ルーニー・マーラ代役にアリシア・ビカンダーが浮上
メニュー

「ドラゴン・タトゥーの女」続編、ルーニー・マーラ代役にアリシア・ビカンダーが浮上

2015年11月9日 12:30

アリシア・ビカンダー「ドラゴン・タトゥーの女」

アリシア・ビカンダー
REX FEATURES/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 長らく頓挫していたハリウッド版「ドラゴン・タトゥーの女」続編について、新たな情報が伝えられた。米Wrapによれば、前作に主演したルーニー・マーラの代わりに、米ソニー・ピクチャーズはスウェーデン出身の新進女優アリシア・ビカンダー主演でリブートを検討しているという。

ドラゴン・タトゥーの女」は、スウェーデン人作家スティーグ・ラーソンのベストセラー小説「ミレニアム」3部作の第1巻を映画化したもので、デビッド・フィンチャーが監督。主人公のミステリアスな女ハッカー、リスベットに抜てきされたマーラは、この作品をきっかけにブレイクしたが、世界興収は目標額にはいたらなかった。当初、ソニーはラーソン執筆の第2巻「火と戯れる女」を、前作に引き続きスティーブン・ザイリアン脚色で映画化する予定だったが、フィンチャー監督によればスタジオや出演者など関係者全員が納得できる脚本が完成しなかったようだ。

続編からは、マーラだけでなく、フィンチャー監督、そしてジャーナリストのミカエルを演じたダニエル・クレイグも降板する見込み。仕切り直しとして、ソニーは第2巻「火と戯れる女」より先に、今年9月に全米発売された第4巻「The Girl In The Spider’s Web」(2004年に心臓発作で他界したラーソンに代わり、スウェーデン人作家ダビド・ラーゲルクランツが執筆)を映画化する方針で、脚本家スティーブン・ナイトと交渉を進めている。ソニーは、ナイトの脚本が完成するまでキャスティングには慎重な姿勢だが、プロデューサーのスコット・ルーディンエイミー・パスカルは、ビカンダーを推している。

主演候補に挙がっているビカンダーは、アレックス・ガーランド監督の「Ex Machina(原題)」で美しい人工知能ロボット役を演じ注目を浴びた。11月14日日本公開のガイ・リッチー監督「コードネーム U.N.C.L.E.」ではヒロインを演じており、11月27日全米公開のトム・フーパー監督「ザ・デニッシュ・ガール(原題)」では主演エディ・レッドメインの妻役を演じている。現在は、ポール・グリーングラス監督×マット・デイモン主演のジェイソン・ボーン・シリーズ新作を撮影中で、ほかにも話題作の公開が続々控えている“最旬”女優の1人である。

ドラゴン・タトゥーの女[Blu-ray/ブルーレイ] ドラゴン・タトゥーの女[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,490 2005年にスウェーデンで刊行され、瞬く間に世界的ベストセラーとなった人気謎解きミステリーを、『セブン』のデヴィッド・フィンチャー監督によって映像化!

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi