ケンコバ、劇場版「仮面ライダー」で最強の敵・ダヴィンチ眼魔の声を担当 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年11月4日 > ケンコバ、劇場版「仮面ライダー」で最強の敵・ダヴィンチ眼魔の声を担当
メニュー

ケンコバ、劇場版「仮面ライダー」で最強の敵・ダヴィンチ眼魔の声を担当

2015年11月4日 15:30

ケンドーコバヤシ、劇場版「仮面ライダー」で悪役に「仮面ライダー×仮面ライダー ゴースト&ドライブ 超MOVIE大戦ジェネシス」

ケンドーコバヤシ、劇場版「仮面ライダー」で悪役に
(C)「ゴースト&ドライブ」製作委員会
(C)石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映
[拡大画像]

[映画.com ニュース] お笑い芸人のケンコバことケンドーコバヤシが、この10月から放送を開始した平成ライダーシリーズ最新作「仮面ライダーゴースト」と、前作「仮面ライダードライブ」がクロスオーバーする劇場版「仮面ライダー×仮面ライダー ゴースト&ドライブ 超MOVIE大戦ジェネシス」のゲスト声優として、仮面ライダーの最強の敵・ダヴィンチ眼魔(がんま)の声を担当する。

ダヴィンチ眼魔は、ルネサンス三大芸術家の一人、レオナルド・ダ・ビンチの能力を得たという設定で、複数の手足を持ち、腹部には名画「モナ・リザ」があしらわれている。自らを全知全能の神と称し、多彩な攻撃で仮面ライダーを苦しめる役どころだ。

ケンコバは、「てっきり仮面ライダー役かと思ったんですけど、幸い敵でした(笑)」と自虐的にコメント。しかし「きっと、仮面ライダー映画を今まで見てきた人たちは、最後はライダーが勝つと信じているでしょうけど、今回ばかりはそうはいきません! ネタバレしちゃいますけど、僕が勝ちます!」と自信満々で語っている。

これに、天空寺タケル(仮面ライダーゴースト)役の西銘駿は、「すごく低くてかっこいい声で、まさに『ボス』という感じで迫力がありました」と絶賛。泊進ノ介(仮面ライダードライブ)役の竹内涼真も「最後の方は敵がもうケンドーコバヤシさんにしか見えなかったです!」とケンコバとの共演に大興奮の様子で語っている。

また、車やゴーストなど様々なモチーフとミックスして制作されてきた仮面ライダーシリーズだが、ケンコバは「仮面ライダーヒザ」を制作したいといい、「ひざでしか攻撃しない仮面ライダー(笑)」とノリノリ。西銘と竹内も「もし、『仮面ライダーヒザ』でオファーがあったら絶対でます! ちゃんとヒザを鍛えていきます(笑)」(西銘)、「ケンドーコバヤシさんに続くライダーとして頑張ります(笑)」(竹内)とやる気を見せている。

仮面ライダー×仮面ライダー ゴースト&ドライブ 超MOVIE大戦ジェネシス」は、シリーズ最新作とその前作のライダーが共演する劇場版「MOVIE大戦」の第7弾。突如巻き起こった時空の崩壊により、タケルと進ノ介が10年前の2005年に飛ばされる様子を描いた。12月12日全国公開。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi