「フジコ」尾野真千子、“血まみれ”画像5連発! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年11月4日 > 「フジコ」尾野真千子、“血まみれ”画像5連発!
メニュー

「フジコ」尾野真千子、“血まみれ”画像5連発!

2015年11月4日 16:15

尾野真千子が振り切った演技を披露「凶悪」

尾野真千子が振り切った演技を披露
(C)HJホールディングス/共同テレビジョン
(C)真梨幸子/徳間書店
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 真梨幸子氏のベストセラー小説を、動画配信サービス「Hulu」が映画「凶悪」の脚本家・高橋泉を起用し、完全オリジナルの連続ドラマとして映像化した「フジコ」で狂気の殺人鬼を演じた尾野真千子の劇中カット5枚が公開された。

主人公は、幼い頃に一家惨殺事件に巻き込まれて人生を狂わされ、幸せを求めて10数人もの人々を手にかけたフジコ(尾野)。物語は、フジコの娘から手記を受け取った女性記者が、死刑囚として投獄されたフジコに取材し、その衝撃的な半生を紐解いていく形式をとる。原作は、後味が悪く嫌な読後感を抱くミステリーを指す「イヤミス」の代表格として知られている。

本作の撮影で使用された血のりは、合計25リットルにも及ぶといい、劇中でも配信ドラマの特性を生かした過激な“血まみれ”のシーンが連続する。今回公開された写真は、殺人を犯したフジコが娘と対面する重要シーンをはじめとするもの。写真からだけでもそのスキャンダラスな内容がうかがえるが、それ以上にフジコの鋭い眼光が際立っており、尾野の体当たりの熱演に期待がかかるところだ。

「フジコ」は、谷村美月が女性記者を演じるほか、丸山智己リリー・フランキー浅田美代子真野響子が脇を固める。映画「電車男」(2005)を手がけた村上正典監督がメガホンをとった。11月13日からHuluおよびJ:COMで全6話を一挙独占配信。

凶悪 スペシャル・プライス[Blu-ray/ブルーレイ] 凶悪 スペシャル・プライス[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,732 それは、ある死刑囚の告白から始まった―。≪山田孝之×ピエール瀧×リリー・フランキー≫史上最悪の凶悪事件とその真相を描いた問題作!!

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi