第28回東京国際映画祭開幕!北川景子が竹内結子が橋本愛が笑顔弾けさせる : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年10月22日 > 第28回東京国際映画祭開幕!北川景子が竹内結子が橋本愛が笑顔弾けさせる
メニュー

第28回東京国際映画祭開幕!北川景子が竹内結子が橋本愛が笑顔弾けさせる

2015年10月22日 19:46

人気女優たちがレッドカーペットに登場!「サヨナラの代わりに」

人気女優たちがレッドカーペットに登場!
[拡大画像]

[映画.com ニュース]第28回東京国際映画祭が10月22日、東京・六本木ヒルズで開幕し、約300人のゲストがレッドカーペットを練り歩いた。開幕を印象づけたのは、特別招待作品「サヨナラの代わりに」を引っさげ来日したオスカー女優ヒラリー・スワンク。白を基調としたドレスに身を包んだスワンクは穏やかな笑みを浮かべ、同映画祭の椎名保ディレクター・ジェネラルと力強く握手し、「こんなに美しい町に来られて嬉しく思いましたし、光栄に思います」と語り、沿道のファンに悠然と手を振った。

コンペティション部門に選出された「残穢【ざんえ】―住んではいけない部屋―」で共演した竹内結子橋本愛は、終始ご機嫌でファンとの交流を楽しんだ。「ミッドナイト イーグル」以来8年ぶりの同映画祭オープニングセレモニー参加となった竹内は、作品を「試写会で『もう無理』ってギブアップしてしまいました」と告白すると、中村義洋監督は「だから最後の5分を見ていないんですよ」と手ごたえをにじませる。一方の橋本は、昨年のクロージング作品「寄生獣」に続き、2年連続のレッドカーペット。照れ笑いを浮かべながらも、「困ったことに鈍感で、脚本に書かれている文字が具体化されていくことが面白いと思えちゃうんです」とアピールに努めていた。

の・ようなもの のようなもの」(パノラマ部門)に主演の松山ケンイチ北川景子は、ともに同映画祭のレッドカーペット初参加。北川が「こんなに盛り上がっているとは! ファンの皆さんと交流もできましたし、興奮しました」とニッコリ。松山も、「海外の映画祭と同じくらいの熱気ですね。東京もすげえ! と思いましたし、エネルギーをもらいました」と興奮気味に語った。また、クロージング上映作品「起終点駅 ターミナル」でヒロインに扮した本田翼は、あでやかな着物姿を披露。主演・佐藤浩市のエスコートには、「すごく優しくて、頼りがいがあるんです。一緒に歩けて嬉しいです」と全幅の信頼を寄せ、作品の出来栄えについても「すごく日本映画らしい作品。ものすごく勉強になりましたし、女優としても成長できました」と思い入れを明かした。

異色を放ったのは、「ジョーのあした」(パノラマ部門)の辰吉丈一郎阪本順治監督とともに登場すると、沿道からは多くの男性ファンから「辰吉!」コールが沸き起こり、現役時代をほうふつとさせる威風堂々とした振る舞いでファンを喜ばせた。また、「日本のいちばん怖い夜 Jホラー降臨」と銘打った特集上映でお披露目される「劇場霊」に主演の島崎遥香は、「緊張しています」とカチカチ。それでも、メガホンをとった中田秀夫監督から「イメージとしては、天使ですね」と白の衣装を絶賛され、表情を綻ばせていた。

レッドカーペットを歩いた主なゲストは以下の通り(順不同)。

ヒラリー・スワンクLiLiCo紀里谷和明伊原剛志山本舞香浅香航大スギちゃんジャック・クルーゾ笑福亭鶴瓶木村文乃雨宮慶太秋元才加須賀健太越川道夫山田真歩川口覚岸井ゆきの太賀黒川芽以ブリランテ・メンドーサ行定勲ソト・クォーリーカー辰吉丈一郎阪本順治、Perfume、でんでん今泉力哉、レン、青柳文子韓英恵深田晃司ブライアリー・ロング新井浩文村上虹郎キャリー・ジョージ・フクナガ宮野真守中田秀夫島崎遥香蒼井そら持田香織伊藤一朗園子温塚本晋也安藤サクラ安藤桃子原田眞人役所広司松山ケンイチ北川景子尾藤イサオ中村義洋竹内結子橋本愛富野由悠季GACKT小栗康平、オダギリジョー、中谷美紀ヘレン・ミレンブライアン・シンガートラン・アン・ユン大森一樹佐藤浩市本田翼篠原哲雄ロバート・ゼメキス

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi