ロバート・ライシュの講義に密着 経済ドキュメンタリー「みんなのための資本論」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年10月17日 > ロバート・ライシュの講義に密着 経済ドキュメンタリー「みんなのための資本論」
メニュー

ロバート・ライシュの講義に密着 経済ドキュメンタリー「みんなのための資本論」

2015年10月17日 06:00

「みんなのための資本論」の一場面「みんなのための資本論」

「みんなのための資本論」の一場面
(C)2013 Inequality for All,LLC
[拡大画像]

[映画.com ニュース]アメリカの経済政策に絶大な影響力を持つ経済学者ロバート・ライシュの講義に密着したドキュメンタリー映画「みんなのための資本論」予告編が公開された。

クリントン大統領政権下で労働長官を務め、先進国の格差社会の到来を早くから予言し、アメリカの急速な格差の拡大に警鐘を鳴らしてきたライシュ。教べんを執るカリフォルニア大学バークレー校の最後の授業に密着した。サンダンス映画祭審査員特別賞を受賞し、トマ・ピケティ「21世紀の資本」の翻訳者、山形浩生氏が字幕を監修した。

予告編では、愛車のミニクーパーで出勤するライシュが、米国の格差と富裕層の税率についてグラフを用いてレクチャー。民主主義の弱体により、「中間層の共働き家族はどんなに働いても楽にならない」と話す。そして、人々の結束を促すとともに「経済のルールを作るのも変えるのも私たちだ」と講義で呼びかけ喝采を浴びる場面を切り取っている。

みんなのための資本論」は11月21日、渋谷・ユーロスペースほか全国順次公開。

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi