みんなのための資本論
ホーム > 作品情報 > 映画「みんなのための資本論」
メニュー

みんなのための資本論

劇場公開日

解説

ビル・クリントン大統領の政権下で労働長官を務めた経済学者で、アメリカをはじめとする先進国の格差社会到来に早くから警鐘を鳴らしてきたロバート・ライシュが、資本主義の大転換のために何をするべきかを説いたドキュメンタリー作品。身近な問題と論理的議論を織り交ぜたライシュの講義映像を中心に、アメリカの不平等社会の構造を論理的かつ、わかりやすく構成。バラク・オバマ大統領のほか、オックスフォード大学時代のクラスメイトでもあるクリントン夫妻らも登場。日本公開版は世界的ベストセラーとなったトマ・ピケティ「21世紀の資本」の翻訳者である山形浩生氏が字幕監修を担当している。

作品データ

原題 Inequality for All
製作年 2013年
製作国 アメリカ
配給 太秦
上映時間 85分
オフィシャルサイト  

関連ニュース

関連ニュース

映画レビュー

平均評価
3.6 3.6 (全2件)
  • 情熱 予想外にも、最後泣いてしまった。 教授が信じる最後の望みに。 人の情熱。 教授の話を聴く学生たちの眼差しや、 授業に触発されて行動を起こす学生たちの生き生きとした語りに希望がみえた。 ...続きを読む

    Rubysparks Rubysparksさん  2015年12月5日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • 現代アメリカの問題点がよく理解できた気がする オープニングのアニメーションや、合間の説明的なアニメーションが非常に洒落ていて、小難しいテーマじゃないよと感じさせてくれる。実際に内容も難しいものではない。 音楽があまりに薄すぎてもったいないよ... ...続きを読む

    SH SHさん  2015年11月25日  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

他のユーザーは「みんなのための資本論」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi