「ワイルド・スピード8」の監督探しが難航 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年10月1日 > 「ワイルド・スピード8」の監督探しが難航
メニュー

「ワイルド・スピード8」の監督探しが難航

2015年10月1日 13:45

次回作のメガホンは誰がとる?「ワイルド・スピード SKY MISSION」

次回作のメガホンは誰がとる?
(C)2014 Universal Pictures
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 超人気シリーズ最新作「ワイルド・スピード8(仮題)」の監督探しが難航していると、ハリウッド・レポーター誌が報じた。

同作はユニバーサルのドル箱シリーズで、今年公開された第7弾「ワイルド・スピード SKY MISSION」は世界興収15億ドルを記録。同社は2017年4月の世界公開を発表し、準備をスタートさせたが、肝心の監督がいまだに決まっていないという。

もともとは「ワイルド・スピード SKY MISSION」を手がけたジェームズ・ワン監督が第8弾と第9弾を続投する契約になっていたが、ワン監督は同作の完成前に、「死霊館」の続編「The Conjuring 2」を優先させたいと訴え、ユニバーサルもこれを認めた。しかし、第3弾「ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT」から第6弾「ワイルド・スピード EURO MISSION」までを手がけたジャスティン・リン監督が「スター・トレック ビヨンド(原題)」の監督に決まり、復帰が不可能であることが明らかになると、再びワン監督を口説きにかかったという。

関係者によれば、「人生が変わるほど」の大金がオファーされたそうだが、ワン監督は固辞。「ワイルド・スピード SKY MISSION」の製作は、途中で主演のポール・ウォーカーが死亡する不幸に見舞われ、ワン監督はさまざまな苦労を強いられたことで知られているが、ワン監督が同シリーズへの復帰を拒む最大の理由はビン・ディーゼルだという。プロデューサーを兼任するビン・ディーゼルがワン監督のあらゆる決断に対し口出しをするため、撮影が中断することもたびたびあったといわれている。

ユニバーサルはジャウム・コレット=セラ(「フライト・ゲーム」)などアクション映画の経験のある監督にオファーをするも断られているため、2017年4月の世界公開は難しくなってきているという。

ワイルド・スピード SKY MISSION ブルーレイ+DVDセット[Blu-ray/ブルーレイ] ワイルド・スピード SKY MISSION ブルーレイ+DVDセット[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: - 「ワイルド・スピード」シリーズの続編。東京、アブダビ、ロサンゼルス―。すべてを賭けた最後のミッションが、いま始動する。「劇場公開版」と「エクステンデッド版」の2バージョンを収録。
ワイルド・スピード×3 TOKYO DRIFT[Blu-ray/ブルーレイ] ワイルド・スピード×3 TOKYO DRIFT[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,391 シリーズ3代目のスピード・キングをルーカス・ブラックが熱演、北川景子、土屋圭市など多くの日本人キャストが出演する。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi