桐谷美玲、「ヒロイン失格」原作者からの手紙に号泣!「本当に幸せです」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年9月19日 > 桐谷美玲、「ヒロイン失格」原作者からの手紙に号泣!「本当に幸せです」
メニュー

桐谷美玲、「ヒロイン失格」原作者からの手紙に号泣!「本当に幸せです」

2015年9月19日 15:20

サプライズづくしに感涙の桐谷美玲「ヒロイン失格」

サプライズづくしに感涙の桐谷美玲
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 幸田もも子氏の人気漫画を桐谷美玲主演で映画化した「ヒロイン失格」が9月19日、全国268スクリーンで公開初日を迎え、桐谷をはじめ共演の山崎賢人坂口健太郎福田彩乃英勉監督らが東京・新宿ピカデリーで行われた舞台挨拶に出席した。

桐谷は、満員の客席に感無量の面持ちを浮かべ、「ようやく夢がかなった。胸がいっぱいです」と、声を詰まらせながら挨拶した。これまで原作の大ファンを公言してきた桐谷に、原作者の幸田氏から手紙と色紙が届けられた。代理で福田が「美玲ちゃんが4年前から変顔の練習をしてくれていたように、私は美玲ちゃんの髪形やかわいい表情を見ながら(主人公の)はとりのビジュアルを固めていました」「映画の中の美玲ちゃんははとりそのものでした」と読みあげると、桐谷は思わず号泣。「本当に幸せです」と声を震わせた。そんな桐谷に山崎がハンカチを手渡す場面もみられ、映画さながらの関係性を見せた。

また、主演として作品を引っ張ってきた桐谷に、山崎と坂口からサプライズで花束がプレゼントされた。桐谷は驚いた様子で受け取り、涙をこらえて「やるね!」とニッコリ。「この皆さんと一緒に大好きなこの映画が作れたこと、本当によかったと思っています」と感謝を伝えた桐谷に、山崎が「“ヒロイン合格”だね!」とほほ笑みかけると、会場からは拍手が沸き起こっていた。

なお、この日は我妻三輪子高橋メアリージュン濱田マリ竹内力が登壇した。映画は、幼なじみの利太(山崎)と両思いになれると思い込んでいた女子高生はとり(桐谷)が、別の恋人ができた利太を追い続けるか、好意を寄せてくれる学校一のモテ男・弘光(坂口)を選ぶかで揺れ動くさまを描く。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi