三浦春馬から感謝のメッセージに「進撃の巨人」樋口真嗣監督感涙 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年9月19日 > 三浦春馬から感謝のメッセージに「進撃の巨人」樋口真嗣監督感涙
メニュー

三浦春馬から感謝のメッセージに「進撃の巨人」樋口真嗣監督感涙

2015年9月19日 14:20

舞台挨拶に立った三浦春馬、長谷川博己、 水原希子、本郷奏多、石原さとみら「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN」

舞台挨拶に立った三浦春馬、長谷川博己、
水原希子、本郷奏多、石原さとみら
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 諫山創氏の大ヒットコミックを2部作で実写映画化した後編「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド オブ ザ ワールド」が9月19日、全国332スクリーンで公開された。主演の三浦春馬をはじめ、共演の長谷川博己水原希子本郷奏多石原さとみ樋口真嗣監督らは、東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズでの舞台挨拶に出席した。

前作「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN」は、9月17日時点で観客動員約232万4000人、興行収入約31億1000万円の大ヒットを記録。この勢いは世界へと波及し、フィリピンで日本映画史上最高の初日興行を記録したほか、香港では公開初日にデイリーランキング1位を獲得した。そして、アメリカでは9月30日から邦画実写映画としては最大級の112館で公開されることを発表。配給の東宝によれば、今後300館規模まで拡大公開したいという要望が届いているという。

この吉報に、三浦は「純粋にうれしいですよ。この作品の持つパワーを感じるし、東宝さんの力もあったと思う」とニッコリ。ヒロインのミカサに扮した水原も、「LAプレミアの感触がとても良かったんです。ただ、こうやって数字が出てくると実感が伴いますね。とてもうれしいです」と喜びを爆発させた。

その後のトークを盛り上げたのは、原作の大ファンで出演オファーを快諾した本郷。プロモーションで三浦と地方の劇場で舞台挨拶を行うことが20回前後あったとし、“自分が乗り越えた壁”を「2枚目の壁」と言ってのけた。さらに、「2枚目か3枚目かでいったら、2枚目に分類して頂けると思うのですが、春馬くんはオンもオフもめちゃくちゃ男前。ガチンコでぶつかって勝てるわけがないから、ピエロに徹するほかなかった。そういうすき間産業でやっていこうかな。皆さんの箸休め的な存在になれたら」と説明し、場内の爆笑をさらった。

また三浦は、前作公開前のプロモーションがスタートした7月以降、58回の舞台挨拶に立ったという。座長としてキャストをけん引してきただけに、感無量の様子で「本日をもってキャンペーンは幕を閉じます。すごく寂しい気持ちでいっぱい。とても大きなプレッシャーがあるなか、たくさんのことを学ばせて頂きました。やはり支えてくれたのは希子ちゃんと本郷くんという同世代の2人。スタッフの皆さんも本当に多くの時間を僕たちに割いてくれた。そして、僕らを束ねてくれたのが監督です。皆さん、監督に大きな拍手をお願いします」と客席に訴えた。場内の拍手喝さいを聞いた樋口監督は目頭を押さえ、感激に浸った。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi