桐谷美玲&山崎賢人&坂口健太郎、リムジンで登場!手つなぎエスコートにファン1700人悲鳴 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年8月31日 > 桐谷美玲&山崎賢人&坂口健太郎、リムジンで登場!手つなぎエスコートにファン1700人悲鳴
メニュー

桐谷美玲&山崎賢人&坂口健太郎、リムジンで登場!手つなぎエスコートにファン1700人悲鳴

2015年8月31日 20:50

(左から)山崎賢人、桐谷美玲、坂口健太郎「ヒロイン失格」

(左から)山崎賢人、桐谷美玲、坂口健太郎
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 幸田もも子氏の人気漫画を映画化した「ヒロイン失格」のジャパンプレミアが8月31日、東京・渋谷公会堂で行われ、主演の桐谷美玲をはじめ共演の山崎賢人坂口健太郎福田彩乃我妻三輪子高橋メアリージュン濱田マリ竹内力英勉監督が舞台挨拶に出席した。

ドレスアップした桐谷、山崎、坂口がリムジンに乗って会場に到着すると、客席を埋め尽くした約1700人のファンからは悲鳴に似た歓声が上がった。桐谷がふたりにエスコートされ、手をつなぐひと幕もあり、場内の盛り上がりは最高潮に。そんな様子に、桐谷は「こんなにたくさんの方に集まって頂けて、すごくびっくりしているし、嬉しいです」と感無量の面持ちを浮かべた。

幼なじみの利太(山崎)と両思いになれると思い込んでいた女子高生はとり(桐谷)が、別の恋人ができた利太を取り戻すか、言い寄ってくる学校一のモテ男・弘光(坂口)を選ぶかで揺れ動くさまを描く。

壇上では物語にちなみ、「私を好きな人(思いを寄せてくれる人)か、私が好きな人(思いを寄せている人)、付き合うならどっち?」という質問が。3人は「私が好きな人」と口をそろえ、「結婚するなら絶対あっち(私を好きな人)。お付き合いするなら私が好きな人。だって愛されたいもん、結婚するなら」(桐谷)、「自分が好きな方が、本気じゃないですか」(山崎)、「自分が好きになりたいです。追いかけたいですね、(劇中で)はとりのことも追いかけましたし」(坂口)と思い思いに持論を語った。

さらに「母性本能をくすぐる利太、モテ男の弘光、どっち派?」という問いに、桐谷は「利太派」と回答。その理由を「弘光くんだと完璧すぎて、私もちゃんとしなきゃ、となっちゃう。(自らは)かまってあげたい方なので、ヘタレの方がいいかな」と説明すると、利太役の山崎は「ありがと!」とほほ笑んだ。

また劇中で、変顔やハゲヅラを披露している桐谷は、「作品が決まる前から勝手に『私がはとりをやるんだ』と思っていて、4年くらい前から変顔の準備はできていました」と胸を張る。そして、原作の大ファンだというだけに、「とにかく楽しみでしょうがなかったです。撮影している時も幸せでした」と振り返っていた。

ヒロイン失格」は、9月19日から東京・新宿ピカデリーほか全国で公開。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi