市川海老蔵、縁深い成田市の御案内人に就任!「父との思い出が多い」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年7月29日 > 市川海老蔵、縁深い成田市の御案内人に就任!「父との思い出が多い」
メニュー

市川海老蔵、縁深い成田市の御案内人に就任!「父との思い出が多い」

2015年7月29日 13:15

成田市御案内人に就任した市川海老蔵

成田市御案内人に就任した市川海老蔵
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 歌舞伎俳優の市川海老蔵が7月29日、千葉・成田市の魅力を内外に発信する「成田市御案内人」に就任することになり、成田市役所での任命式に出席した。市民約1000人の歓迎を受けた海老蔵は、「初代(市川團十郎)からご縁があり、成田山新勝寺には子どもの頃から参拝に来ていたので、非常に嬉しかった」と笑みを浮かべた。

市川宗家と成田市の縁は300年以上にわたり引き継がれてきただけに、「毎年大みそかの寒い日に来ていたんですが、父の横顔とか、十一代目團十郎とご縁のある食事処とか……。走馬灯のようによみがえりました」と神妙な面持ち。御案内人の任期は3年だといい、「微力ながら頑張りたい。こういうものってフワーッと終わりがちじゃないですか。そうじゃなくて、シャキッとけじめをつけようと思う」と明かした。

また任命式には、千葉県立船橋高校1年の成定歩美さんが登壇。昨年、成田市立久住中学校3年生だった成定さんは、在校生・卒業生の誇りになるものを学校に残したいと考え、「海老蔵さんの隈取りを私達の学校の宝物としてください!」としたためた手紙をおくったという。この日はようやく対面がかない、感謝の気持ちをつづった手紙を海老蔵に手渡した。

海老蔵は、「彼女の手紙が一途な思いにあふれていたので、素直に迅速にプレゼントさせて頂いた。(成定さんは)非常にきちんとした、まじめに学校のことを考えている、イメージ通りの方で嬉しかったですよ」と経緯を説明。そして、「今日はまじめにいきますよ。若い方々の思いは受け止めないといけない。若い人の志には、聞く耳をもとうと。成田市に限らず、日本に限らず、若い人たちに日本の伝統文化を見てもらうことは大事なことなんじゃないかな」と真摯な眼差(まなざ)しで語った。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi