海老蔵「喰女」舞台挨拶で孤立無援に怒りの!?公開中止要請 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年8月20日 > 海老蔵「喰女」舞台挨拶で孤立無援に怒りの!?公開中止要請
メニュー

海老蔵「喰女」舞台挨拶で孤立無援に怒りの!?公開中止要請

2014年8月20日 20:00

打ち水を行った市川海老蔵ら「喰女 クイメ」

打ち水を行った市川海老蔵ら
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 歌舞伎俳優・市川海老蔵が企画・主演し、「東海道四谷怪談」をモチーフにしたホラー映画「喰女 クイメ」の完成披露試写会が8月20日、東京・丸の内TOEI1で行われた。海老蔵と共演の柴咲コウ中西美帆根岸季衣三池崇史監督は、メイン劇場となる同館前で打ち水を行い、ヒットを祈願した。

上映前の舞台挨拶は着席しての座談会形式で、海老蔵は「スタッフにもいろんなことがあって、僕も昨日変なことがあったけれど、ゆっくり楽しんで」と、前日に都内の自宅に乗用車が突っ込んできた事故をネタにアピール。柴咲は、「虚実入り乱れた世界を堪能して。お岩という世間でも有名なキャラクターを演じられたことは、私のキャリアとして喜ばしいこと」と笑顔で語った。

「女性は怖い?」という質問を振られた海老蔵は、「あまり思ったことはない。女性はもともと優しいので、問題はこっちにある。僕は悪いことしないから、基本的に」と持論を展開。映画では恋多き俳優・長谷川浩介を演じたが、「浩介くんは非常にだらしない。映画を見た男性は、浩介くんの気持ちがちょっと分かると思うけれど、女性は100%否定するでしょうね」と分析した。

だが役柄が影響したのか、女子高生向けの試写会の感想には「海老蔵、最低的なものがあった」と自ら告白。三池監督に弁解を求めたが、「狙ったわけじゃないけれど、そういう風にしか見えない。ジャッジは見た人にゆだねます」と素知らぬ顔だ。

女優陣からも冷たい目で見られ、援軍を失った海老蔵は「そうなっちゃうんだったら、もう公開をやめましょう」と“企画者権限”で公開中止を要請。締めの挨拶でも、「今日が最後の上映になるかもしれないから、思い出にして。それでも見たいという声があれば公開する、かな?」と苦笑いしながら含みをもたせていた。

喰女 クイメ」は、舞台「真四谷怪談」のヒロインを務める人気女優が、プレイボーイの恋人を相手役に指名したことをきっかけに、舞台と現実が錯そうし、さまざまな愛憎が入り乱れていく恐怖を描く。8月23日から全国で公開される予定だ。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi