大崎章監督、10年ぶり新作「お盆の弟」で再出発「この瞬間が夢のよう」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年7月25日 > 大崎章監督、10年ぶり新作「お盆の弟」で再出発「この瞬間が夢のよう」
メニュー

大崎章監督、10年ぶり新作「お盆の弟」で再出発「この瞬間が夢のよう」

2015年7月25日 16:05

大崎章監督にとって約10年ぶりの新作公開!「キャッチボール屋」

大崎章監督にとって約10年ぶりの新作公開!
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「キャッチボール屋」の大崎章監督が、約10年ぶりに製作した映画「お盆の弟」が7月25日、東京・新宿K's cinemaで公開され、大崎監督をはじめ主演の渋川清彦、共演の光石研岡田浩暉渡辺真起子、子役の川島夕空ちゃん、脚本の足立紳が舞台挨拶に出席した。

大崎監督は、「この瞬間が夢のようです。この日のために頑張ってきたようなもんです」と感激の面持ち。「キャッチボール屋」も同館で公開初日を迎えており、「図らずも(再起に)9年かかっちゃったんですけど、再出発にふさわしいかなと思いました」と語ると、前作に続きタッグを組んだ脚本・足立は「この劇場は大好きなのでとても嬉しかったです」「再出発というのはとてもありがたく、嬉しいです」と喜びを噛みしめた。

物語は大崎監督と足立の自伝的内容となっており、足立は「9割がた監督と僕の話。楽しんでいただけるとは思いますので、どうか見てください」と呼びかける。そんな様子に、大崎監督は「2007年くらいにプロットを考えた時から、喫茶店でバカな日常の話をしていたのが、それを足立がすくってくれていい話を書いてくれた。足立のおかげです」と感謝をにじませた。

キャッチボール屋」にも出演した光石は、オファー当時の様子を聞かれ「すごい嬉しかったですね。とうとう撮るかという感じで。ほかの現場で大崎さんとはお会いしていて、『やってくださいよ』と話していたんです」と感慨深げ。そして「今日も控室で、開口一番『監督、おめでとうございます』と言ったら、大崎監督が『すんごい嬉しいです』と言って僕の手を握ってきたので、グッと来てすぐトイレに駆け込みました」と明かしていた。

さらに渋川は、「大崎さん、どうもおめでとうございます。なんかおれ、嬉しいです」とほほ笑んだ。この日は、ほかに石井岳龍監督作「ソレダケ that's it」と、石原貴洋監督作「コントロール・オブ・バイオレンス」の舞台挨拶が控えているそうで、「全部の映画が上手い具合に盛り上がればいいなと思いますが、特に『お盆の弟』が盛り上がってほしいと思います」と話すと、会場を温かい拍手が包んでいた。

デビュー作で第16回日本映画批評家大賞新人監督賞を受賞した大崎監督と、「百円の恋」で脚光を浴びた足立が再タッグを組んだ今作。売れない映画監督のタカシと、同じく売れないシナリオライターの藤村が、もがきながらも映画製作に取り組む姿を、全編モノクロ映像で描いた。

百円の恋 特別限定版[Blu-ray/ブルーレイ] 百円の恋 特別限定版[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥5,094 負けっぱなしの人生から這い上がろうとする女と挫折を経験した男の、再生の物語。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi