大森南朋&光石研、ほめそやし合戦で信頼関係を再確認 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2012年2月24日 > 大森南朋&光石研、ほめそやし合戦で信頼関係を再確認
メニュー

大森南朋&光石研、ほめそやし合戦で信頼関係を再確認

2012年2月24日 17:24

若手監督との撮影を振り返った大森南朋と光石研「東京プレイボーイクラブ」

若手監督との撮影を振り返った大森南朋と光石研
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 奥田庸介監督が弱冠24歳で撮りあげ、商業映画デビューを飾った「東京プレイボーイクラブ」のヒット御礼舞台挨拶が2月24日、東京・渋谷のユーロスペースで行われ、主演の大森南朋と共演する光石研が登壇した。

本作の撮影を前に偶然会う機会があったといい、大森は「光石さんが『あの監督、大丈夫?』って聞てきた(笑)。まあ、僕も一抹の不安はありましたけど」と暴露。光石は慌てながらも「だって、まだ若いでしょ? 大丈夫かなって思うよ。現場ではマジ、大丈夫でした。これは言っておかないと」と若い俊英・奥田監督との仕事に満足そうな表情だった。

東京郊外にある場末のサロンを舞台に、そこに集う男女がチンピラとのケンカが原因で思わぬトラブルに巻き込まれる姿を、ブラックユーモアたっぷりに描く。大森がトラブルを理由に地元から東京に流れ着いた主人公・勝利を、光石はサロンの経営者・成吉を演じている。

10数年来の交流があり、「キャッチボール屋」(2005)などで共演。「無限にお芝居が出てくるので、楽しい現場で安心もできる。それに奥さんとも仲がいい(笑)」(大森)、「とにかく格好いい。特に歩き姿が素敵。それに一度やたらおいしいお弁当を差し入れしてくれた。そういうことを、サラッとできるのが男前」(光石)と、信頼関係を再確認していた。

また、大森は劇中で“裸にエプロン”姿も披露しており「すみません、中肉中背で……」と恐縮しきり。「恥ずかしさはなかったですね。監督とアイデアを出し合いながら、とにかく面白くなればいいやって」と臨機応変な撮影スタイルを振り返った。

キャッチボール屋[DVD] キャッチボール屋[DVD] 最安価格: ¥3,201 2006年10月に公開された、大森南朋主演のハートフルストーリー。出演:光石研
NHK大河ドラマ 龍馬伝 総集編 Blu-ray BOX[Blu-ray/ブルーレイ] NHK大河ドラマ 龍馬伝 総集編 Blu-ray BOX[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥12,740 幕末史の奇跡と呼ばれた坂本龍馬の生涯を、幕末屈指の経済人・岩崎弥太郎の視点で描いた時代劇「龍馬伝」の総集編。出演:大森南朋

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi