震災前から南三陸町を撮ったドキュメンタリー、8月公開 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年7月17日 > 震災前から南三陸町を撮ったドキュメンタリー、8月公開
メニュー

震災前から南三陸町を撮ったドキュメンタリー、8月公開

2015年7月17日 05:00

「波伝谷に生きる人びと」の一場面「波伝谷に生きる人びと」

「波伝谷に生きる人びと」の一場面
[拡大画像]

[映画.com ニュース]東日本大震災が起きる「前」の人々の営みを捉えたドキュメンタリー映画「波伝谷に生きる人びと」(ピーストゥリー・プロダクツ製作)が、8月1日からポレポレ東中野でモーニングショーされることが決定した。

震災後、被災地を舞台にしたドキュメンタリーは数多く作られてきたが、同作は08年3月から震災当日にかけて南三陸町の約80軒の漁村「波伝谷(はでんや)」に生きる人々の日常を追いかけた作品。監督は宮城県白石市出身の我妻和樹が務めている。(文化通信)

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi