「まんが日本昔ばなし」脚本の沖島勲さん死去 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年7月6日 > 「まんが日本昔ばなし」脚本の沖島勲さん死去
メニュー

「まんが日本昔ばなし」脚本の沖島勲さん死去

2015年7月6日 23:40

[映画.com ニュース] 映画監督・脚本家の沖島勲さんが7月2日、肺がんで死去したことがわかった。享年74歳だった。

1940年大阪生まれの沖島さんは、日本大学芸術学部映画学科在学中に足立正生らと映画製作を始めた。若松孝二監督や吉田喜重監督の助監督としてキャリアを積み、69年に若松プロダクションから「ニュー・ジャック・アンド・ヴェティ」で監督デビュー。「したくて、したくて、たまらない、女。」(96)、「一万年、後…。」(2007)、「怒る西行」(09)、「WHO IS THAT MAN!? あの男は誰だ!?」(13)など独特な作品を発表し続けた。

前衛的な作品を手がける映画監督として活動する一方で、75年からはテレビアニメ「まんが日本昔ばなし」のシナリオライターとして活躍したことで知られ、同番組では約1230本の脚本を担当した。

東京・阿佐ヶ谷のミニシアター、ラピュタ阿佐ヶ谷では折しも、6月24日から「沖島勲監督の全七作品、七週に亘り、一挙公開!! 過激で、キュートな、ユートピア。」と題した特集上映が開催中で、沖島さんが監督した劇場公開作7作品が週替わりで上映されている。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi