マット・デイモン&ベン・アフレック、FIFA汚職スキャンダルを描く映画をプロデュース : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年7月1日 > マット・デイモン&ベン・アフレック、FIFA汚職スキャンダルを描く映画をプロデュース
メニュー

マット・デイモン&ベン・アフレック、FIFA汚職スキャンダルを描く映画をプロデュース

2015年7月1日 13:00

盟友同士がFIFA汚職スキャンダルを映画化「ウォーリアー」

盟友同士がFIFA汚職スキャンダルを映画化
Photo by Jason LaVeris/FilmMagic/Getty Images 、
Photo by Paul Archuleta/FilmMagic/Getty Images
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 国際サッカー連盟(FIFA)の汚職スキャンダルが、マット・デイモンベン・アフレックによって映画化されることが明らかになったと、ハリウッド・レポーター誌が報じた。

米ワーナー・ブラザースは争奪戦の末、ノンフィクションの新刊「House of Deceit」の映画化権を獲得した。同著は、スポンサー契約や放映権の見返りとして1割のリベートを要求していたことから、「ミスター10%」の異名を持つ元FIFA理事のチャック・ブレイザー氏を中心とする組織の内幕を描くもの。BuzzFeedのケン・ベンシンガーが、同サイトに昨年6月に発表した記事「Mr. Ten Percent: The Man Who Built -And Bilked- American Soccer」をもとにしている。

ワーナーを拠点するデイモンとアフレックの製作会社パール・ストリート・フィルムスが、エンタテインメント360と共同で企画開発を行うことになる。なお、監督はアフレック主演の新作映画「The Accountant(原題)」でメガホンをとっているギャビン・オコナーが務め、脚本はオコナー監督の「ウォーリアー」を手がけたアンソニー・タンバキスが執筆する予定だ。

ウォーリアー[Blu-ray/ブルーレイ] ウォーリアー[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥4,044 総合格闘技のリングで再会した兄弟の激闘を描く本格派アクションドラマ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi