ビビる大木、長編アニメ「星の王子さま」で蝶ネクタイのうぬぼれ男に! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年6月23日 > ビビる大木、長編アニメ「星の王子さま」で蝶ネクタイのうぬぼれ男に!
メニュー

ビビる大木、長編アニメ「星の王子さま」で蝶ネクタイのうぬぼれ男に!

2015年6月23日 05:00

「リトルプリンス」でうぬぼれ男 に声を吹き込むビビる大木「星の王子さま」

「リトルプリンス」でうぬぼれ男
に声を吹き込むビビる大木
(C)2015 LPPTV - Little Princess -
ON Entertainment - Orange Studio - M6 Films
[拡大画像]

[映画.com ニュース] タレントとしてバラエティ番組で活躍するほか、NHK大河ドラマ「花燃ゆ」に出演するビビる大木が、アントワーヌ・ド・サン=テグジュペリの名作小説「星の王子さま」を長編アニメーション化した「リトルプリンス 星の王子さまと私」で、日本語吹き替え版声優に初挑戦することが決定した。

「日本だけではなく、世界中で知られている本の映画化、初の声優ということで、ついにドデカイビッグビジネスがきたな!と思いました」と喜ぶ大木が担当するのは、空気が読めず勘違いしてばかりの“うぬぼれ男”。ほめられることに最高の喜びを感じ、誰かが拍手をすると自分に対しての賛辞だと勘違いして優越感に浸るキャラクターで、大木と同じく蝶ネクタイがトレードマークだ。英語版では、「ジ・オフィス」のリッキー・ジャーベイスが担当している。

日本での配給を担当するワーナー・ブラザース映画は、「おかしなキャラクターですから、声を吹き込む方は楽しい人気者であってほしいと願い、バラエティ番組を中心にあらゆる世代から人気を集め、大河ドラマなどで演技力を実証するビビる大木さんにオファーさせていただきました」と説明する。声優初挑戦となった大木は、「うぬぼれ男は笑いながら話すというとてもクセのある役どころで、アフレコでは苦労しましたが、愛嬌のあるキャラクターになったのではないかな、とうぬぼれています(笑)」と自信をのぞかせた。

不朽の名作を、原作にはない“その後”の物語を追加して描くファンタジーアドベンチャー。進学校への入学だけを目指し、母親の敷いたレールの上を歩いている少女が、隣人の年老いた飛行士から星の王子さまとの出会いの物語を聞き、思い出を分かち合うことで冒険心を抱く様子を描く。日本語吹き替え版には大木のほか、子役の鈴木梨央ちゃん(主人公の少女役)、瀬戸朝香(母親役)、津川雅彦(飛行士役)らが参加する。

リトルプリンス 星の王子さまと私」(2D/3D)は11月21日公開。

星の王子さま[DVD] 星の王子さま[DVD] 最安価格: ¥991 アントワーヌ・ド・サン=テグジュペリの名作「星の王子さま」が原作のミュージカル映画。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi