「トランスフォーマー」続編&スピンオフ執筆の脚本家7人は全員が白人男性 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年6月8日 > 「トランスフォーマー」続編&スピンオフ執筆の脚本家7人は全員が白人男性
メニュー

「トランスフォーマー」続編&スピンオフ執筆の脚本家7人は全員が白人男性

2015年6月8日 16:10

アキバ・ゴールズマン「トランスフォーマー」

アキバ・ゴールズマン
写真提供:アマナイメージズ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「トランスフォーマー」シリーズの続編やスピンオフの執筆のために起用した脚本家の人選をめぐり、米パラマウント・ピクチャーズに批判が集まっているとThe Wrapが報じた。

パラマウントは「トランスフォーマー」シリーズを量産するため、脚本家チームを結成。「ビューティフル・マインド」でアカデミー賞を受賞した脚本家アキバ・ゴールズマンがリーダーを務め、ロバート・カークマン(「ウォーキング・デッド」)、ザック・ペン(「パシフィック・リム2」)、ジェフ・ピンクナー(「アメイジング・スパイダーマン2」)、アート・マーカムマット・ホロウェイ(「アイアンマン」)が続編やスピンオフの脚本を執筆することになる。いずれも「トランスフォーマー」の脚本を執筆するに十分な実力と実績の持ち主だが、問題となっているのは、採用された脚本家すべてが白人男性である点だ。

ハリウッドでは近年、人種の多様性の欠如が問題視されており、ハリウッド作品がバラエティに欠けている原因のひとつとされている。さまざまな現場で改善の試みがなされるなかで、パラマウントの動きは時代に逆行していると、あるエージェントは言う。「彼らが雇ったのは、基本的にはまったく同じ視点を持った、まったく同じ脚本だ。こんな起用にどんな意味がある?」

Ain’t It Cool Newsの映画評論家のジェレミー・スミスは、こう指摘している。「『トランスフォーマー』は老若男女、すべての人種にアピールできる素材だ。パラマウントがリブートを行い、新たな『拡張世界』とやらを作るつもりならば、異なる人生経験を持った異なる意見を取り入れるべきなんじゃないかな」。これらの批判に対し、パラマウントは今後も脚本家を追加する可能性があるとして、コメントを控えている。

ビューティフル・マインド[Blu-ray/ブルーレイ] ビューティフル・マインド[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,378 実在した天才数学者ジョン・ナッシュの絶望と奇跡の半生を描いた感動のヒューマンドラマ。
トランスフォーマー/ロストエイジ[Blu-ray/ブルーレイ] トランスフォーマー/ロストエイジ[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,373 マイケル・ベイ監督が贈るSFアクション大作。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi