観月ありさ×鄭義信の舞台「GS近松商店」9月27日上演決定 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年5月4日 > 観月ありさ×鄭義信の舞台「GS近松商店」9月27日上演決定
メニュー

観月ありさ×鄭義信の舞台「GS近松商店」9月27日上演決定

2015年5月4日 16:30

近松門左衛門の「女殺油地獄」「曽根崎心中」がモチーフ「血と骨」

近松門左衛門の「女殺油地獄」「曽根崎心中」がモチーフ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 大阪・天王寺区の新歌舞伎座の開場5周年を記念した舞台「GS近松商店」が、9月27日から上演されることが決定した。舞台「焼肉ドラゴン」や、映画「血と骨」の脚本を手がけた劇作家・鄭義信(チョンウィシン)が観月ありさとタッグを組み、近松門左衛門の名作「女殺油地獄」「曽根崎心中」をモチーフにした人間模様を描く。

平成の世に生きるすべての人々に、「生きる意味」を改めて問いかける愛憎劇。観月が主人公の菊子を演じ、渡部豪太が激昂しやすい吃音の少年・光に扮する。そのほか小島聖姜暢雄朴ろ美みのすけ星田英利山崎銀之丞石田えり升毅らが出演する。

じっとりと閉塞感がおおいかぶさる片田舎。さびれたガソリンスタンド「近松商店」を切り盛りする人妻・菊子は、街の青年団に傷めつけられた少年・光を介抱する。光は、それから毎日近松商店に通うようになり、その若く鋭い思いは、次第に菊子の閉ざされていた心を溶かしていく。そんなある日、青年団のリーダーが不渡りを出し、自殺するという事件が発生する。

「GS近松商店」チケットは、1階席が9500円、2階席が5000円、3階席が3000円、特別席が1万1000円で、8月1日午前10時から販売開始。9月27日~10月14日に大阪・新歌舞伎座で上演される。

血と骨 コレクターズ・エディション[DVD] 血と骨 コレクターズ・エディション[DVD] 最安価格: ¥4,886 1920年代、大阪の朝鮮人集落を舞台に“怪物”と呼ばれた男の、鮮烈にして壮絶な生き様を描いた作品。
人類資金[Blu-ray/ブルーレイ] 人類資金[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥4,016 『亡国のイージス』のコンビ、原作・福井晴敏×監督・阪本順治が再びタッグ!主演の佐藤浩市ほか、日・韓・米の実力派俳優が結集し、世界4か国を舞台に展開するエコノミック・サスペンス!

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi