忍足亜希子新たな決意「ろう者の“肩書”取って1人の女優として何でも挑戦する」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年4月26日 > 忍足亜希子新たな決意「ろう者の“肩書”取って1人の女優として何でも挑戦する」
メニュー

忍足亜希子新たな決意「ろう者の“肩書”取って1人の女優として何でも挑戦する」

2015年4月26日 13:45

舞台挨拶に立った忍足亜希子「ザ・トライブ」

舞台挨拶に立った忍足亜希子
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ろう者の女優として活動する忍足亜希子が4月25日、ウクライナ映画「ザ・トライブ」が上映中の東京・渋谷ユーロスペースで舞台挨拶を行った。

出演者がすべてろう者で、セリフや音楽は一切なく全編手話のみでつづられる衝撃作。カンヌ映画祭・批評家週間でグランプリを含め3冠に輝くなど世界各国の映画祭で受賞を重ねており、同じ障害を持つ忍足は「本当に驚いた。役者も皆素晴らしく、同じろう者としてうれしい。ウクライナの毎日の生活が垣間見えたことも良かった」と感想を述べた。

3月に来日した主演女優のヤナ・ノビコバとも、国際手話のできる通訳を介して対談。「私は女優になろうとは思っていなかったけれど、彼女は小さい時から夢見ていて、母親に無理と言われてもあきらめなかった。素晴らしい」と称えた。

忍足自身は、1999年の映画「アイ・ラヴ・ユー」で主演デビューし、毎日映画コンクールのスポニチグランプリ新人賞などを受賞。オーディションを受けたきっかけは、「星の金貨」など手話が登場するドラマの影響もあったそうだが、「内容が暗い、寂しい、孤独なイメージという不満があった。それを覆したい気持ちでした」と振り返った。そして、「ろう者の、という肩書を取って1人の女優として頑張っていきたい。どうしても役の範囲が狭くなってしまうが、いろんなことを幅広く、やれることは何でも挑戦していきたい」とさらなる飛躍を誓っていた。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi