ウクライナの幻想的な「愛のトンネル」が映画に 未来穂香主演で15年早春公開 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年11月18日 > ウクライナの幻想的な「愛のトンネル」が映画に 未来穂香主演で15年早春公開
メニュー

ウクライナの幻想的な「愛のトンネル」が映画に 未来穂香主演で15年早春公開

2014年11月18日 05:00

ウクライナの「愛のトンネル」が舞台 映画「クレヴァニ、愛のトンネル」「愛のトンネル」

ウクライナの「愛のトンネル」が舞台
映画「クレヴァニ、愛のトンネル」
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 若手女優の未来穂香が主演を務め、ウクライナのクレバニ村にある「愛のトンネル」で撮影された映画「クレヴァニ、愛のトンネル」が、2015年早春に東京・新宿K's cinemaほかで公開されることが決まった。また、11月23日から開催されるベトナムの第3回ハノイ国際映画祭のワールドシネマ部門にも出品が決まっている。

物語の重要な舞台となるのは、ウクライナ西部リウネ州の田舎町クレバニ村にある、緑に包まれたトンネル。貨物列車が1日1往復するだけの幻想的な美しい場所で、そこでキスをした恋人たちは永遠に結ばれると言い伝わることから、「愛のトンネル」と呼ばれている。近年、一度は訪れてみたい観光スポットとして日本でも知名度が上昇。同地が映画で撮影されるのは今回が初めてで、20年前に失った恋人の幻想を追い求めてトンネルにたどり着いた男の切ない愛を描く。

20年前、高校教師だった圭は、女子生徒の一葉(ひとは)と許されない恋に落ちる。しかし、親や世間の目を振り切りドライブに出かけた圭と一葉は、事故という突然の悲劇に見舞われ、2人の時間は終わりを告げる。20年が経った後も一葉を忘れられない圭は、「失った人に会える」と言われているウクライナ・クレバニ村の緑のトンネルに向かい、そこで20年前の姿の一葉と出会う。一緒にいられるのはトンネルにいる時だけで、やがて圭も一葉と同じ世界に行きたいと願うようになる。

「イタズラなKiss~Love in TOKYO」「思春期ごっこ」などで活躍する未来が一葉を演じ、深い喪失感を抱える男・圭に小山田将が扮した。商業デビュー作「アイコ十六歳」から一貫して少女たちの青春のきらめきを切り取る作品に定評があり、2011年にはベラルーシを舞台にチェルノブイリ原発事故のその後を少女の視点から描いた「カリーナの林檎 チェルノブイリの森」を発表した今関あきよし監督がメガホンをとり、昨夏、ウクライナで撮影された。

思春期ごっこ スピンオフ「水色の楽園」[DVD] 思春期ごっこ スピンオフ「水色の楽園」[DVD] 最安価格: ¥2,397 映画「思春期ごっこ」の前日譚を描く、スピンオフムービー。
アイコ十六歳[DVD] アイコ十六歳[DVD] 最安価格: ¥2,063 名古屋を舞台に、弓道に明け暮れる少女の周りで起きるひと夏の出来事を描いた青春映画。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi