マシュー・ボーン監督、次回作に「フラッシュ・ゴードン」を検討 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年4月26日 > マシュー・ボーン監督、次回作に「フラッシュ・ゴードン」を検討
メニュー

マシュー・ボーン監督、次回作に「フラッシュ・ゴードン」を検討

2015年4月26日 12:30

マシュー・ボーン監督「フラッシュ・ゴードン」

マシュー・ボーン監督
写真提供:アマナイメージズ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 米20世紀フォックス製作「キングスマン ザ・シークレット・サービス(原題)」が大ヒットしたマシュー・ボーン監督が、次回作として漫画「フラッシュ・ゴードン」の映画化を検討していることがわかった。

米ハリウッド・レポーターによれば、フォックスは「エイリアンVS.プレデター」「クロニクル」のプロデューサー、ジョン・デイビスとともに約1年前に映画化権を獲得しており、現在、ボーン監督と交渉を進めているようだ。

フラッシュ・ゴードン」は、1934年に米国の新聞に連載されていたアレックス・レイモンドの漫画で、冒険家フラッシュ・ゴードンが恋人デイルとザーコフ博士とともに惑星モンゴへ旅立ち、地球征服を企むミン皇帝と戦うアドベンチャー。

80年にマイク・ホッジス監督、サム・ジョーンズ主演で映画化された作品は、音楽を担当したロックバンド「クイーン」の主題歌「フラッシュのテーマ」も有名で、カルト的人気を誇っている。そのほかにも、36年から40年にかけてユニバーサルがバスター・クラブ主演で映画化し、3作品が公開された。79年にはテレビアニメ、2007年にはテレビドラマも制作されている。

今回のフォックスの新作は、「ボーン・アルティメイタム」のジョージ・ノルフィのトリートメントをもとに、「スター・トレック3(仮題)」のジョン・D・ペインパトリック・マッケイが脚本を執筆した。

キック・アス」や「X-MEN:ファースト・ジェネレーション」などコミック原作の映画化を得意とするボーン監督には、うってつけの企画と言えそうだ。ボーン監督の「キングスマン ザ・シークレット・サービス(原題)」は、マーク・ミラー原作のコミックをコリン・ファース主演で映画化したスパイアクションで、製作費8100万ドルに対し、世界興収3億9200万ドルを記録する成功を収めた。同作は今夏、日本公開。

クロニクル[DVD] クロニクル[DVD] 最安価格: ¥927 新進気鋭の監督が作り出した五感を刺激する斬新な物語。
ボーン・アルティメイタム[Blu-ray/ブルーレイ] ボーン・アルティメイタム[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,391 記憶を失った男ジェイソン・ボーンを巡る物語を描いた、マット・デイモン主演のノンストップ・アクション『ボーン』シリーズ3部作の最終章!

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi