北野武&藤竜也、女性の反応に驚き「“ヤンチャな子ども”のジジイたちがかわいく見えるんだろうな」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年4月24日 > 北野武&藤竜也、女性の反応に驚き「“ヤンチャな子ども”のジジイたちがかわいく見えるんだろうな」
メニュー

北野武&藤竜也、女性の反応に驚き「“ヤンチャな子ども”のジジイたちがかわいく見えるんだろうな」

2015年4月24日 15:20

インタビューに応じた北野武監督(左)と藤竜也「龍三と七人の子分たち」

インタビューに応じた北野武監督(左)と藤竜也
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 元ヤクザの老人たちが、悪徳詐欺集団を相手に抱腹絶倒の大立ち回りを繰り広げる最新作「龍三と七人の子分たち」を完成させた北野武監督が、主演の藤竜也とともにインタビューに応じた。

今回が初めてのタッグとなる2人。北野監督は「コミカルな作品を作る以上、主演には映画的な風格を持たせられる人が必要だった。キャスティング(藤さん)が決まった時点で、この映画の50%はできたも同じだったね」と起用の理由を明かす。一方の藤は、「オファーを受けた時はうれしびっくりな気分。まさか“出てくれ”詐欺じゃないよな? と思いました(笑)」と振り返るが、北野作品は全作見ていたそうで、「視点がユニーク。時代ごとに違うものにチャレンジしているのがよく分かる。その北野演出に触れられる絶好の機会だと撮影に臨みましたね」と語った。

「俳優として映画に出るのも嫌いじゃないけど、もう年だから、監督と主演の両方やるのはしんどいんだよね」と苦笑いする北野監督。今回は主人公の昔なじみの刑事役として出演するのみで、監督業に注力。さらに、主要キャストの平均年齢が年長の73歳というベテラン陣ぞろいで、安心して手腕を発揮できたことがうかがえる。「色んな芝居をしてきている人たちだから。セリフも一言一句、それこそ『てにをは』まで台本と同じに演じてくれて。失礼だけど俺にとっては俳優(の芝居)は“素材”だからね、プラモデルの部品と同じ。あとは、それを(編集で)どう組み合わせて面白いものにしていくかで、面白くなかったらそれは監督の責任ですよって。今回はかなり面白いものにたどり着けたと思う」。

藤扮する元ヤクザの龍三がオレオレ詐欺にだまされたことをきっかけに、近藤正臣中尾彬らが演じるかつての仲間と新たな組を結成する。個性あふれる8人組が、安田顕がボスを演じる詐欺集団と対決するハチャメチャぶりは、事前に行われたリサーチ試写会で20代以下の若年層や女性層から高い支持を集めた。

北野監督は「俺の映画のファンが、『今度はお笑い作ったのか』と思って見るんだと思っていたから、全然予想していなかった」と語り、「おじいちゃんたちが“ヤンチャな子ども”なんだよね。それがかわいく見えるんじゃないかな。単純だし、イタズラしちゃうし、ほんとしょうがねえなあって(笑)。子どもが遊んでる感じなんだろうな、バスで悪いやつら追っかけちゃうし。くだらないのとかわいいのが混じっちゃって、誰も龍三たちを悪い人だって言わないんだよね」と分析する。藤も、「脚本を読んだ時に、老人8人の話が興行になるのか? と勝手に思っていたわけだけど、それが見事に払しょくされましたよね。こういう結果は僕には分からないけど(苦笑)。でもありがたいことです」と続けた。

また、北野監督は好きなシーンとして、龍三と若頭のマサ(近藤)が昔を振り返りながら口論するシーンを挙げ、「『おまえはそんなだから親分になれねえんだ』『そりゃねえだろアニキ、俺は体を張ってあんたを守ったじゃないか』ってやりとりがいいなあって。龍三と兄弟分のマサの関係を、全部あらわしている気がするんだよね」と語った。

龍三と七人の子分たち」は、4月25日から全国公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi