たけし「龍三と七人の子分たち」続編に意欲、タイトルは「龍三と七人の幽霊たち」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年4月14日 > たけし「龍三と七人の子分たち」続編に意欲、タイトルは「龍三と七人の幽霊たち」
メニュー

たけし「龍三と七人の子分たち」続編に意欲、タイトルは「龍三と七人の幽霊たち」

2015年4月14日 19:45

主要キャスト8人の平均年齢は72.6歳!「龍三と七人の子分たち」

主要キャスト8人の平均年齢は72.6歳!
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 北野武(ビートたけし)監督の最新作「龍三と七人の子分たち」の完成披露試写会が4月14日、都内のホールで行われた。たけしは主演の藤竜也をはじめ近藤正臣中尾彬小野寺昭らとともに舞台挨拶。主要キャスト8人の現在の平均年齢が72.6歳、全員が年上なだけに、「こうやってざっと並ぶと、戦没者慰霊会のような感じだな」と毒舌をかまし、会場の笑いを誘った。

撮影は昨年4~6月に行われたが、「楽しい現場だったけれど、心配したこともあった。中には“よーい、スタート”の声が聞こえなかったり、カンペの字が小さすぎて見えなかったり、衣装を着たまま帰っちゃったり。衣装の人を口説いているおじいちゃんまでいた」と“介護精神”皆無で言いたい放題。そして、「とにかく今日まで頑張ってくれて良かった。初日を迎えちゃえばどうでもいい」と満足げに話した。

それでも、「ヒットしたらパート2を作る。タイトルは“龍三と七人の幽霊たち”で」とジョーク交じりに宣言。そして、「暴力映画ばっかりだったけれど、たまにはお笑いもと思って撮った。意外に基本ばかりなので、楽しんでほしい」とアピールしていた。

藤も、「人生を深く考える難しい映画ではない。笑いのスイッチをうまく入れて楽しんで」と笑顔。小野寺は、「僕は今年の誕生日で72歳になります」と平均以下を強調すると、周囲から「若ぶんなよ」とブーイングを浴びつつ、「年を取ると人の話を聞かないし、自分のことだけ。でもいいチームワークで楽しい映画になった」と話していた。

龍三と七人の子分たち」は、引退したやくざたちが自分たちの居場所を見つけるため「一龍会」を再結成し、元暴走族の京浜連合と対決していくコメディー。4月25日から全国で公開される。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi