“ジジイ・ブーム”到来?ますます“ジジイ”が好きになる「龍三と七人の子分たち」特別映像公開! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年3月26日 > “ジジイ・ブーム”到来?ますます“ジジイ”が好きになる「龍三と七人の子分たち」特別映像公開!
メニュー

“ジジイ・ブーム”到来?ますます“ジジイ”が好きになる「龍三と七人の子分たち」特別映像公開!

2015年3月26日 05:00

龍三ら“ジジイ”たちは若造軍団と対決する「龍三と七人の子分たち」

龍三ら“ジジイ”たちは若造軍団と対決する
(C)2015「龍三と七人の子分たち」製作委員会
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 北野武監督にとって17作目となる最新作「龍三と七人の子分たち」の「俺たちに明日なんかいらない!ジジイが最高スペシャル」と題した特別映像が公開された。

北野組初参加となる主演の藤竜也のほか、近藤正臣中尾彬品川徹ら平均年齢72歳のベテラン俳優陣が顔をそろえた本作。引退した元ヤクザ組長の龍三(藤)は、家族から相手にされず社会にも居場所がなく、肩身の狭い思いで暮らしていた。ある日、オレオレ詐欺に引っかかった龍三は、若い連中に勝手な真似はさせられないと決意。昔の仲間たちと“一龍会”を結成し、詐欺やゆすりで稼ぐ若造軍団と対決する。

特別映像では、龍三をはじめとする“ジジイ”たちのキャラクターにフォーカス。丁半博打が大好きな「若頭のマサ」(近藤正臣)、寸借詐欺で生活する「はばかりのモキチ」(中尾彬)、肌身離さず拳銃を持ち歩く「早撃ちのマック」(品川徹)、仕込みステッキが武器の「ステッキのイチゾウ」(樋浦勉)、心臓病を患う「五寸釘のヒデ」(伊藤幸純)、老化で自分の髭剃りもままならない「カミソリのタカ」(吉澤健)、軍服をまとう右翼まがいの「神風のヤス」(小野寺昭)と、それぞれの“ジジイ”の特徴が分かる内容になっている。

意地とプライドを持って頑固なまでに自分を貫く“ジジイ”たちの姿はどこかユーモラスでチャーミングであり、8人の個性が際立つ本映像からも、その魅力が伝わってくる。超高齢化社会などの時事ネタを盛り込みながらもシリアスにならない本作が、“ジジイ”旋風の到来を予感させる。

龍三と七人の子分たち」は4月25日から全国で公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi