ディカプリオ&ジョナ・ヒル再タッグ作にクリント・イーストウッド監督? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年4月6日 > ディカプリオ&ジョナ・ヒル再タッグ作にクリント・イーストウッド監督?
メニュー

ディカプリオ&ジョナ・ヒル再タッグ作にクリント・イーストウッド監督?

2015年4月6日 12:25

クリント・イーストウッド「ウルフ・オブ・ウォールストリート」

クリント・イーストウッド
Photo by Kevin Winter/Getty Images
[拡大画像]

[映画.com ニュース] マーティン・スコセッシ監督作「ウルフ・オブ・ウォールストリート」(2013)で共演し、息の合ったところを見せたレオナルド・ディカプリオジョナ・ヒルが再タッグを組む新作映画「アメリカン・ナイトメア(仮題)」の監督として、クリント・イーストウッドが交渉中だと米Deadlineが報じた。

20世紀フォックスが製作する「アメリカン・ナイトメア(仮題)」は、1997年にマリー・ブレナー記者がバニティ・フェア誌に寄稿した記事「The Ballad of Richard Jewell」の映画化。96年のアトランタ五輪期間中に警備員をしていたリチャード・ジュエル氏の悲劇が題材になっている。

不審なリュックサックを発見したジュエル氏は、いったんは英雄として称賛されたがその後、不審な点があるとしてテロの容疑者扱いを受ける。真犯人が発見され無実は証明されたものの、報道によって人生を踏みにじられた人物として知られている。ヒルがジュエル氏、ディカプリオがその担当弁護士を演じる予定。

自身の製作会社を通してプロデュースを手がけるディカプリオも、スタジオのフォックスも、最新作「アメリカン・スナイパー」を大ヒットさせた名匠イーストウッド監督なら望むところだろう。唯一の問題は、イーストウッド監督が、自身の監督作のほとんど、特に2008年の「グラン・トリノ」以降の全作品を手がけているワーナー・ブラザースとの仕事を第一に考えていることだという。

キャプテン・フィリップス」のビリー・レイが脚色にあたった本作の脚本の評価は非常に高く、これまでポール・グリーングラス監督やデビッド・O・ラッセル監督も候補に挙がってきた。イーストウッド監督起用の実現に期待したいところだ。

ウルフ・オブ・ウォールストリート[Blu-ray/ブルーレイ] ウルフ・オブ・ウォールストリート[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,391 実在した株式ブローカーの成功と破滅を描く、刺激に満ちたエンターテインメント作品。
グラン・トリノ[Blu-ray/ブルーレイ] グラン・トリノ[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,167 妻に先立たれ、人に心を許さず頑固生きる一人暮らしの老人と、学校にも行かず仕事もない隣人の少年との交流を描いた、クリント・イーストウッド主演・監督による感動のドラマ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi