C・イーストウッド監督、賞レースには無欲「ただ映画作りをしていることが楽しい」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年12月17日 > C・イーストウッド監督、賞レースには無欲「ただ映画作りをしていることが楽しい」
メニュー

C・イーストウッド監督、賞レースには無欲「ただ映画作りをしていることが楽しい」

2014年12月17日 06:00

クリント・イーストウッド監督(中央)と ブラッドリー・クーパー、シエナ・ミラー「アメリカン・スナイパー」

クリント・イーストウッド監督(中央)と
ブラッドリー・クーパー、シエナ・ミラー
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 名匠クリント・イーストウッド監督の最新作「アメリカン・スナイパー」が12月15日(現地時間)、米ニューヨークのジャズ・アット・リンカーン・センターでプレミア上映され、イーストウッド監督をはじめ主演のブラッドリー・クーパーシエナ・ミラーがレッドカーペットに登場した。

米アカデミー賞の前しょう戦といわれる米ナショナル・ボード・オブ・レビュー賞で監督賞に輝いた本作。84歳のイーストウッド監督は、アカデミー賞への意気込みを聞かれたものの「あまり考えないようにしている」と謙虚に語り、「ただ映画作りをしていることが楽しいし、私くらいの年になると仕事を続けられることだけで光栄です」と明かした。

米軍史上最強の狙撃手クリス・カイルのベストセラー自伝を映画化。イーストウッド監督は、製作にあたり「(カイルは)とても興味深い人物で、彼のご家族にも会い、彼があきらめなければいけなかったことや、戦地で達成したようなことなどをうかがった」そうで、「『父親たちの星条旗』『硫黄島からの手紙』、いずれも戦争の難しさと人々の難しさ、そしてたとえ乗り越えられたとしても、乗り越えることの大変さを描いている」と語った。

プロデューサーと主演を兼ねたクーパーは、イーストウッド監督との初タッグに「素晴らしい! 一生に一度の夢がかなった気分だよ!」と大興奮。さらに役作りのため18キロの増量を敢行したといい、「大変だったけど、こういった犠牲が私にとってはクリス・カイルに近づく、準備の期間になりました」と振り返り、「クリス・カイルという人間はすごいカリスマ性をもっている力強い人で、彼の達成したこともそうだし、彼が自分を犠牲にして自国にささげたものも多大だと思う。私たちがきっちり仕事出来ていれば、この映画は世に出て、いろんな人に影響を与える」と話した。

アメリカン・スナイパー」は、2015年2月21日から全国公開。

硫黄島からの手紙 特別版[DVD] 硫黄島からの手紙 特別版[DVD] 最安価格: ¥2,735 クリント・イーストウッド監督が太平洋戦争で壮絶を極めた硫黄島での戦いを日本側から描いた硫黄島2部作の第2弾。
父親たちの星条旗[DVD] 父親たちの星条旗[DVD] 最安価格: ¥927 クリント・イーストウッド監督が太平洋戦争で壮絶を極めた硫黄島での戦いを、アメリカ側から描いた硫黄島2部作の第1弾。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi