鈴木保奈美、櫻井翔も驚く嵐ファンぶりを告白「かなり歌います」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年3月25日 > 鈴木保奈美、櫻井翔も驚く嵐ファンぶりを告白「かなり歌います」
メニュー

鈴木保奈美、櫻井翔も驚く嵐ファンぶりを告白「かなり歌います」

2015年3月25日 21:47

「嵐」ファンを公言した鈴木保奈美「間奏曲はパリで」

「嵐」ファンを公言した鈴木保奈美
[拡大画像]

[映画.com ニュース]フランスの名女優イザベル・ユペール主演「間奏曲はパリで」のプレミア試写会が3月25日、東京・恵比寿ガーデンプレイスにリニューアルオープンするYEBISU GARDEN CINEMAで開催され、ゲストとして女優の鈴木保奈美が出席。同劇場支配人の田川尚史氏に花束を贈呈した。

映画はフランスの田舎町で平凡な日常を送る50代の主婦が、若者に心をときめかせ、大胆な行動に出るという物語。イベント後の取材で鈴木は、「若い男性大好きですよ! 嵐とか」とニッコリ。「かなり歌います。大体車の中とかで」とファンを公言し、「以前櫻井(翔)さんとドラマでご一緒させて頂いたとき、あまりに知っているので驚かれました。『そんな曲も知ってるんですか?』って(笑)」と、そのフリークぶりを披露していた。

今作を「大人の美しいエロという感じ」と評し、「私たちはどうしてもそういう部分にふたをしてしまう風潮があるように思うけど、誰も切っても切り離せないこと。美しく見つめていったら人間としてとてもいいんじゃないかと思う」と語った鈴木。「大人の映画館」をコンセプトに掲げる同劇場に「R指定の(作品)とか、せかっくなんだからバンバンかけて頂きたい。そういうのを女の人が堂々と見に来られるようになるといいかな」と性に対するオープンな姿勢を求めていた。

鈴木は前もって今作に「イケメンなんか袖にしちゃう。女だ! って叫びたい」とコメントを寄せており、常にカテゴライズされてしまう世の中の風潮に、「『“主婦”という肩書きじゃない、一人ひとりの女の人です』という意識をもっとオープンにしていったらいいんじゃないか。男性も女性も個人を尊重していていけたらいいなと思っている」と意見を述べた。一方、夫である「とんねるず」の石橋貴明との夫婦関係については「(ひとりの女性として)そこは尊重してもらっているので。おかげさまで(笑)」と満面の笑みでのろけていた。

ノルマンディーの片田舎で畜産業を営む、50代の夫婦グザヴィエとブリジット。夫婦仲も仕事も順調だが、子どもは独り立ちし、倦怠期を迎えていた。そんな時、パリからやって来た25歳のスタンに出会い、ブリジットは期待を胸に秘め、夫に嘘をついてパリへと出かける。マルク・フィトゥシがメガホンをとり、「ル・アーヴルの靴みがき」のジャン=ピエール・ダルッサンが夫役を演じる。

間奏曲はパリで」はYEBISU GARDEN CINEMAほか4月4日公開。

ル・アーヴルの靴みがき[Blu-ray/ブルーレイ] ル・アーヴルの靴みがき[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: - 庶民の慎ましい生活、市井の人々の人間模様をキメ細やかにを描く、名匠アキ・カウリスマキの傑作!

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi