畜産家の妻のアバンチュールを軽やかに描く I・ユペール主演「間奏曲はパリで」監督が来日 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年6月29日 > 畜産家の妻のアバンチュールを軽やかに描く I・ユペール主演「間奏曲はパリで」監督が来日
メニュー

畜産家の妻のアバンチュールを軽やかに描く I・ユペール主演「間奏曲はパリで」監督が来日

2014年6月29日 17:10

マルク・フィトゥシ監督「間奏曲はパリで」

マルク・フィトゥシ監督
[拡大画像]

[映画.com ニュース] フランスの最新映画を日本に紹介する「フランス映画祭2014」で、イザベル・ユペール主演作「間奏曲はパリで」が6月29日上映され、マルク・フィトゥシ監督がティーチインを行った。

ノルマンディーの片田舎で畜産業を営む、50代の夫婦グザヴィエとブリジット。夫婦仲も仕事も順調だが、子どもは家を出て、ブリジットは夫と牛との暮らしに倦怠感を感じていた。そんな時、近所で開かれた若者のパーティーに来ていた25歳のパリジャン、スタンに出会う。ブリジットは期待を胸に秘め、夫に嘘をついてパリへ出かける。「ル・アーヴルの靴みがき」のジャン=ピエール・ダルッサンが夫役を演じる。

フィトゥシ監督の前作「コパカバーナ」に続き、ユペールとは2作連続のタッグとなった。今作でユペールは、農業高校出身で羊飼いになることにあこがれていた、どこか夢想的な女性をチャーミングに演じている。監督は「彼女の都会的なパリジェンヌというイメージを覆したくて、田舎のにこやかな畜産家の女性として撮った」とユペールの役柄について語る。

ユペールは代表作「主婦マリーがしたこと」や「ピアニスト」など、シリアスなドラマ作品での主演が多いが、「私生活は今作の役に近い、軽やかで楽しい人」だそう。「監督からしっかり指導されることを好む女優です。韓国のホン・サンス監督の『3人のアンヌ』の軽やかな役柄を気に入ったそうで、今回の私の作品も気さくに演じてくれた」とフランスを代表する大女優とのコラボレーションを振り返った。

劇中ではアメリカのファストファッションブランドで働く若者や、路上販売で日銭を稼ぐ移民労働者など、現代のパリの一面も紹介している。マスクをしてセーヌ川の観光船に乗る日本人観光客や、着物姿でキャバレーを楽しむ日本人女性の姿などが映し出されることについて観客から質問が及ぶと「ブリジットが農村にいたら見ることのできなかった、エキゾチックなひとコマを描きたかった」と説明した。

フランス映画祭2014は有楽町朝日ホール、TOHOシネマズ日劇で30日まで開催。

沈黙の女/ロウフィールド館の惨劇[DVD] 沈黙の女/ロウフィールド館の惨劇[DVD] 最安価格: ¥1,635 名匠クロード・シャブロル監督が、ミステリーの女王ルース・レンデルの小説を完全映画化。原作を超えたサイコ・サスペンスの名作!
愛・アマチュア[DVD] 愛・アマチュア[DVD] 最安価格: ¥2,674 フランス映画を代表する名女優、イザベル・ユペールが、尼僧からポルノ小説家に転身した女に扮し、記憶喪失の男とのふれ合いを描く国際的にヒットした作品。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi