ミーガン・フォックスはナルシストではない!? 来日時に明かした意外な素顔 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年2月7日 > ミーガン・フォックスはナルシストではない!? 来日時に明かした意外な素顔
メニュー

ミーガン・フォックスはナルシストではない!? 来日時に明かした意外な素顔

2015年2月7日 17:30

来日したミーガン・フォックスとウィル・アーネット「トランスフォーマー」

来日したミーガン・フォックスとウィル・アーネット
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 1980年代後半から90年代に人気を博したアメコミヒーローを、「トランスフォーマー」シリーズのマイケル・ベイが製作を務めて大胆にリブートした3Dアクション超大作「ミュータント・タートルズ」が、封切られた。2月2日に開催されたジャパンプレミアにあわせて来日した、出演者のミーガン・フォックスウィル・アーネットがインタビューに応じ、作品の魅力を語った。

子どもの頃からの大の「タートルズ」ファンで、マイケル・ベイに出演を直訴したことが伝えられているフォックスは、「この映画に出たくてたまらなかった。出演できることに、これほど興奮した作品は今までなかったんじゃないかな」と振り返る。演じたのはテレビ局のレポーター、エイプリル役。バラエティの担当に不満を感じ、特ダネを追う中で、ニューヨークで暗躍するフット軍団と、立ち向かう4人のミュータント「タートルズ」と出会う。

一方のアーネットは、エイプリルとコンビを組むカメラマン兼ドライバーのヴァーン役。米テレビコメディ「アレステッド・ディベロプメント」やウィル・フェレル主演のコメディ「俺たちフィギュアスケーター」で知られるコメディ俳優らしく、絶妙なバランスで、エイプリルへの下心からタートルズの一大騒動に巻き込まれる“普通のおじさん”を好演している。そんなふたりが、個性豊かなタートルズの仲間になり、悪の企みを食い止めようとするさまは、最新モーションキャプチャーによるVFXアクションによって、見る者に大きな一体感と興奮をもたらす。

アーネットはタートルズの魅力を「リーダーがいて、気の強い反逆児がいて、頭がいいヤツがいて、とてもチャーミングでおかしいヤツがいる。とにかくキャラクターそれぞれに特徴があるから、誰かに自分が感情移入できる。みんなが団結する“家族”なんだというテーマもある」と語り、フォックスも「自分を受け入れたり、他人とどんなに違っていてもいいんだと自覚したり。人はそれぞれ違うということを理解して受け入れるという、非常に深いテーマがある」と続ける。

さらに、「彼らがハ虫類であるということも忘れるくらいチャーミング。思えば、中国では龍、マヤ文明の神はヘビ、エデンの園に来たのもヘビと、重要なメッセージを伝えるのはいつもハ虫類だったりする。だから、カメということで怖がったりしないで欲しいな」という指摘も忘れなかった。

そんなフォックスが、ジャパンプレミアで話した「この映画に出演して、最高にクールで素晴らしいと思えた瞬間」はいつだったのか。尋ねてみると、「タートルズが、エレベーターの中でリズムを取って踊り出すシーンを見たとき。あれはカッコいい! 一番タートルズらしいから好きなの!」という返答。本人の出演シーンではなく意外であることを伝えると、「私、ナルシストだと思われているけど、本当はそうじゃないのよ(笑)」と返ってきた。

ミュータント・タートルズ-TMNT-[Blu-ray/ブルーレイ] ミュータント・タートルズ-TMNT-[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,167 世界中で爆発的人気を誇るヤツらが帰ってきた!ニューヨークを舞台に、レオナルド、ラファエロ、ミケランジェロ、ドナテロの4匹の亀“タートルズ”が繰り広げる最強アクションアニメ。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi