従軍慰安婦をテーマにした映画が中国で公開。その評判は? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年9月30日 > 従軍慰安婦をテーマにした映画が中国で公開。その評判は?
メニュー

従軍慰安婦をテーマにした映画が中国で公開。その評判は?

2014年9月30日 12:40

「黎明之眼」のポスター画像「シュウシュウの季節」

「黎明之眼」のポスター画像
[拡大画像]

[映画.com ニュース]旧日本軍の従軍慰安婦を題材とした中国映画「黎明之眼」が、満州事変の発端となった柳条湖事件(1931年)がぼっ発した9月18日、中国で公開された。戦争中の日本人の残虐ぶりを強調し、中国人の愛国心を刺激する「抗日作品」だが、公開1週間を過ぎた観客の反応は「まずまず」といったところだ。

「黎明之眼」は、慰安婦にされた女性、娘、孫娘の三代にわたる悲劇を描く。主演は往年の武侠映画の女性スター、チェン・ペイペイ(鄭佩佩)。実の娘で女優の原子[金惠](マーシャ・ユエン)との初共演で母娘役を演じている。メガホンをとったのは、かつて“ブルース・リーのそっくりさん”として活動した香港出身俳優の呂小龍(ブルース・リ)。物語のベースとなったのは、中国の作家・粛馬(スー・マー)が書いた脚本「地獄は何層あるのか」。スーの娘は日本でも公開された映画「シュウシュウの季節」を書いた女性作家、厳歌苓(ゲリン・ヤン)だ。

予告編をみると旧日本兵の残虐ぶり、戦争の悲惨さを強調。いわば典型的な「抗日作品」となっている。中国芸能情報サイト大手・新浪娯楽は、いわゆるストレートなプロパガンダ映画として紹介。「習近平(シー・ジンピン)国家主席が掲げる愛国主義精神のもと、戦争中に日本が犯した数々の蛮行を露わにした。慰安婦問題は忘れてならない歴史の一部で、戦争が女性や家庭、国家に対し、どれほど深刻な傷を負わせるかを明らかにする」とした。

中国メディアによると、公開を控えた9月中旬には、北京でワールドプレミア上映会が開かれ、監督ほか出演俳優が舞台あいさつに勢ぞろいした。主人公の娘時代を演じたユエンは「撮影中は経験したことのない困難に見舞われた。もともと私は楽観的なタイプだが、主人公があまりに気の毒で、こらえきれず何度も泣いた」と振り返った。また、母親のチェンは「同じ役の違う世代を娘と演じたかったので、長年の夢がかなった。二人で演じた慰安婦が受けた苦しみは忘れがたい」と話した。

さらに、ジョン・ウー監督の「男たちの挽歌」などで日本でも知られる香港のベテラン俳優、ケネス・ツァン(曾江)は、主人公のかつての恋人役で出演。戦後数十年ぶりに再会すると、彼女が慰安婦にされていたことを知る。ツァンは「形容しがたい苦しみだ。自分の家族がもしこんな残虐行為に巻き込まれたら、どう感じるか考えてほしい。存命の元慰安婦女性たちは勇気をもって生き抜いてほしい」と訴えた。

また、過去20年にわたり慰安婦問題に取り組み、今回の製作では私財も投じた監督は「彼女たちはずっと誤解され、忘れ去られてきた存在だ。戦争の屈辱、女性たちの強さを世に知らせたかった。全世界の人に侵略戦争の真相を知ってほしい」と語った。

公開から1週間で興行収入ランキング上位には入っていないが、観客の評価はまずまずといったところ。中国サイトのレビューをみると、典型的な抗日作品のため、内容より手法や作品の質を批判したものも目立つ。「題材はいいが、中国人俳優が話す日本語のせりふの発音がひどすぎる」、「学校の授業で見せるべき愛国教育映画」、「ベテラン二人の演技は買う」、「精神はいい。これを撮ることは政治的任務だとしても、チケットは買うよ」などの意見が寄せられている。(遠海安)

男たちの挽歌 A BETTER TOMORROW[DVD] 男たちの挽歌 A BETTER TOMORROW[DVD] 最安価格: ¥1,642 全世界を震撼させた“香港ノワール”の伝説的傑作が、四半世紀の時を経てよみがえる!現代人が忘れかけていた“兄弟愛”と“忠誠心”をキーワードに、ハードなアクションがダイナミックに展開し観る者の魂を揺り動かすアクション・エンタテインメント!!

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi