エル・ファニング「ヘドウィグ」監督の新作でエイリアンに : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年7月17日 > エル・ファニング「ヘドウィグ」監督の新作でエイリアンに
メニュー

エル・ファニング「ヘドウィグ」監督の新作でエイリアンに

2014年7月17日 12:20

「マレフィセント」が大ヒット中のエル・ファニング「マレフィセント」

「マレフィセント」が大ヒット中のエル・ファニング
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ディズニー映画「マレフィセント」が大ヒット中の若手女優エル・ファニングが、「ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ」「ショートバス」で知られるジョン・キャメロン・ミッチェル監督の新作に主演することがわかった。

米ハリウッド・レポーター誌によれば、新作「How to Talk to Girls at Parties(原題)」は、2006年に出版されヒューゴー賞にノミネートされた、ニール・ゲイマンの同名短編小説を映画化する企画。原作は、70年代の英ロンドンで、パーティに出かけた2人の少年が主人公として描かれている。1人はナンパに成功する一方、シャイなもう1人の少年はなかなか会話の糸口がつかめずにいたが、やがてパーティに参加した少女たちが実は見た目とはだいぶ違うことが分かってくる、という物語だ。

ミッチェル監督とフィリッパ・ゴスレットが共同執筆した映画版は、1人の少年にフォーカスし、音楽やアートにのめり込み現実逃避している少年と、観光にやってきたエイリアンの少女を描くラブストーリーになる。ファニングが演じるのがエイリアンの少女で、地球に来たツアーグループを抜け出し、銀河で最も危険な場所だと噂に聞いたロンドン郊外の田舎、クロイドン探索を試みるというキャラクターだ。

映画「How to Talk to Girls at Parties(原題)」は、ハワード・ガートラー、ゲイマン、ミッチェル監督がプロデュースを手がける。

ヴァージニア[DVD] ヴァージニア[DVD] 最安価格: ¥3,063 巨匠コッポラ×エル・ファニングの耽美なゴシックミステリー!!
ラビット・ホール[Blu-ray/ブルーレイ] ラビット・ホール[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: - 喪失からの再生を描いた上質な人間ドラマの感動作!

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi