熊切和嘉監督×THE BACK HORNが化学反応を見せた「光の音色」特報公開 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年6月24日 > 熊切和嘉監督×THE BACK HORNが化学反応を見せた「光の音色」特報公開
メニュー

熊切和嘉監督×THE BACK HORNが化学反応を見せた「光の音色」特報公開

2014年6月24日 18:00

「光の音色 THE BACK HORN Film」の一場面「光の音色 THE BACK HORN Film」

「光の音色 THE BACK HORN Film」の一場面
(C)2014 THE BACK HORN Film Partners
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 鬼才・熊切和嘉監督、オルタナティブロックバンド「THE BACK HORN」がコラボレーションした映画「光の音色 THE BACK HORN Film」の特報が完成した。独自の世界を構築してきた熊切監督とバンドによる、新たな世界が凝縮された内容となっている。

1998年に大学卒業制作「鬼畜大宴会」でスクリーンデビューを果たし、意欲的に作品を発表してきた熊切監督、同年にバンドを結成しライブバンドとして独自の地位を確立してきたTHE BACK HORNが化学反応を起こした、「言葉や感情を音楽で表すという映画」。熊切監督が脚本、編集も手がけ、ロシア・ウラジオストクで撮影したドラマパート、バンドのライブパートで映像と音楽を融合させる。

特報は、THE BACK HORNらしいひりついたサウンドが流れ、「いつなのか、何処なのか分からない世界の果ての、世界の終わり。すべてを失った夜に“光”は降りそそぎ、音楽を奏で始める」というメッセージとともに、霧に包まれた荒野のなかひとり荷車を引く老人の姿が映し出される。終盤には、ライトに照らされ山田将司(ヴォーカル)、菅波栄純(ギター)、岡峰光舟(ベース)、松田晋二(ドラム)の姿が浮かび上がり、「静」と「動」をあわせ持つバンドの姿を印象的に見せている。

光の音色 THE BACK HORN Film」は、今秋に全国で公開。

海炭市叙景 DVD-BOX[DVD] 海炭市叙景 DVD-BOX[DVD] 最安価格: ¥4,473 佐藤泰志が、自身の故郷である函館をモデルにした“海炭市”が舞台の幻の小説を映画化。
KYO-MEIツアー~リヴスコール~ at 日本武道館 2013.1.6(初回限定盤)[DVD] KYO-MEIツアー~リヴスコール~ at 日本武道館 2013.1.6(初回限定盤)[DVD] 最安価格: ¥2,468 結成15周年,2度目の武道館ワンマンライブを映像化!

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi