鬼畜大宴会
ホーム > 作品情報 > 映画「鬼畜大宴会」
メニュー

鬼畜大宴会

劇場公開日

解説

カリスマ的リーダーを失った学生左翼組織の狂気の暴走の中に、人間の醜いエゴを描いた過激なバイオレンス・ドラマ。監督・脚本は、本作でPFFアワード ' 97準グランプリを受賞した熊切和嘉。撮影を橋本清明が担当している。尚、今回は監督自らが再編集したPFFでのヴァージョンより6分短い完全版での公開となっている。第28回イタリア・タオルミナ国際映画祭グランプリを受賞。第48回ベルリン国際映画祭正式出品、第20回ぴあフィルムフェスティバルPFFアワード'97準グランプリ。8ミリ+16ミリからのブローアップ。成人指定。

ストーリー

学生運動全盛の頃、ひとつの左翼組織が薄汚い文化住宅の一室をアジトとして集まっていた。主なメンバーは、相澤の恋人で彼の不在中組織を仕切る雅美、年長者の山根、雅美が性のはけ口として利用している岡崎、フォークギターの名手・熊谷、ルームメイトというだけで熊谷に誘われ組織に参加した新入生の杉原、そして相澤の刑務所での友人・藤原らだ。彼らはカリスマ的存在のリーダー・相澤の信奉者で、今は獄中にいる相澤の出所を待ちながら、雅美の下、資金稼ぎや武器調達に奔走している。ところが、信念を持たない雅美のやり方に年長者である自分が指揮をとるべきだと山根が反発。勢い余って相澤をも批判したことから、怒ったメンバーは彼を組織から追放してしまう。それから数日後、相澤が獄中で割腹自殺を図った。この事態に、相澤への想いだけを頼りに繋がっていた組織は大きく揺れ始める。そして、彼らの不安感は相澤を批判し続ける山根に制裁を加えることへ向けられるのだった。山根を捕らえ、山へ入っていくメンバーたち。山根への凄惨なリンチが繰り広げられる中、狂気の集団となった彼らは次第に殺戮の暴徒と化していく。やがて、一貫して傍観者の立場をとっていた藤原は、そんな状況に終止符を打つべく彼らを日本刀で斬ると、自らの首にも刃をあてがうのだった…。...

スタッフ

監督
脚本
熊切和嘉
製作
森拳三郎
撮影
橋本清明
美術
安井聡子
造型
西山幸雄
音楽
赤犬
音響
財前智広
音響効果
松本章
照明
向井康介
熊切和嘉
編集
熊切和嘉
スクリプター
前田隼人
金井亜由美

キャスト

作品データ

製作年 1998年
製作国 日本
配給 鬼プロ配給(提供*松畜)
上映時間 106分
映倫区分 R18+

提供:株式会社キネマ旬報社

関連ニュース

関連ニュース

映画レビュー

平均評価
3.1 3.1 (全2件)
  • 狂気には意味不明なものがあるべきだ 学生運動バリバリ時代に内ゲバによる学生団体の崩壊を描いた本作。 と説明してしまうと陳腐なんだが、それがこの映画の欠点なのかもしれない。 エグい描写があり、映像的にも過激だし、狂気もあるんだが、あ... ...続きを読む

    cani tsuyo cani tsuyoさん  2015年2月13日  評価:3.0
    このレビューに共感した/0人
  • グロ苦手は絶対に見ない方がいい DVD化が決定したためレビューを。 気持ち悪い。見終わった後、まず思うでしょう。 グロさもそうだが、狂気に変わる瞬間の人々に対しての嫌悪感がヤバい。 特に、女性がもう思い出すだけで嫌だ… 他の人... ...続きを読む

    作品に向き合うゆき平 作品に向き合うゆき平さん  2015年2月4日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi