安田美沙子、主演映画「いのちのコール」で実感した結婚後の心境の変化 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年6月7日 > 安田美沙子、主演映画「いのちのコール」で実感した結婚後の心境の変化
メニュー

安田美沙子、主演映画「いのちのコール」で実感した結婚後の心境の変化

2014年6月7日 16:40

子宮頸がん検診を呼びかけた安田美沙子「いのちのコール ミセスインガを知っていますか」

子宮頸がん検診を呼びかけた安田美沙子
[拡大画像]

[映画.com ニュース] タレントで女優の安田美沙子が6月7日、東京・シネスイッチ銀座で行われた主演映画「いのちのコール ミセスインガを知っていますか」の初日舞台挨拶に登壇。共演の山口賢貴国広富之蛯原やすゆき監督とともに、映画のテーマである子宮頸がんについて語った。

挙式間近に子宮頸がんを発症した女性・河原たまき(安田)が、さまざまな苦境を乗り越え前向きに生きていく姿を描いたドラマ。オリジナル書籍の制作会社を経営していた渡邉眞弓さんが、自らの闘病生活をづつった書記を映画化するため奔走し、企画に賛同した蝦原監督らによって映画化が実現。渡邉さんは映画完成前の2012年4月に他界した。

安田は、「私は子宮内膜症なのでこの病気のことも知っていた。検診も行っていたので、どこか他人事ではない気がしていた。等身大の普通の女性が病気になって、希望をどこかに持ちながら戦っていく姿を思い描いた」と役柄に親近感。蝦原監督も、「性交渉がきっかけで感染するので、女性の病気だけど男性こそ知っておかなければいけない病気。検診に行っている人は本当に少ないけれど、定期検診で予防できる」と呼びかけた。

撮影時は独身だった安田も、今ではファッションデザイナーの下鳥直之氏と入籍したばかりの新婚で、「たまきに年齢も追いついたし、結婚したことでより家族や大事な人を失いたくない、長生きしてほしいと思った。それに向かって何が出来るんだろうと、たまきの気持ちを考えた」としみじみ。年長の国広は、「式や披露宴のことでご主人ともめてると、さっき楽屋で聞いた(笑)。男は結婚するまではお母さんが育てるものだけど、結婚した後は叱りつつも奥さんがしっかりと育ててあげて」とアドバイスを送った。

最後に蝦原監督は、原作の渡邉さんと急死した脚本家の南木顕生さんを追悼し、「2人とも見てくれていると思う。この映画を伝えることで2人が喜んでくれると思うので、頑張って広めていきたい」と語った。

余命1ヶ月の花嫁 スタンダード・エディション[DVD] 余命1ヶ月の花嫁 スタンダード・エディション[DVD] 最安価格: ¥991 日本中が涙した感動の実話が映画化!出演:安田美沙子
安田美沙子 はんなり[DVD] 安田美沙子 はんなり[DVD] 最安価格: ¥4,104 言わずと知れたグラビア界のトップアイドル、バラエティやドラマでも活躍する“安田美沙子”のイメージDVD。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi