宝田明、60年前の「ゴジラ」第1作撮影秘話を告白 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年6月7日 > 宝田明、60年前の「ゴジラ」第1作撮影秘話を告白
メニュー

宝田明、60年前の「ゴジラ」第1作撮影秘話を告白

2014年6月7日 14:45

宝田明とハリウッド版「GODZILLA ゴジラ」のギャレス・エドワーズ監督「ゴジラ」

宝田明とハリウッド版「GODZILLA ゴジラ」のギャレス・エドワーズ監督
[拡大画像]

[映画.com ニュース]今年生誕60周年を迎えたゴジラの記念すべき第1作「ゴジラ」(1954)のデジタルリマスター版が6月7日に公開を迎え、当時20歳で本作に主演した宝田明が舞台挨拶に登壇。60年前の思い出を語った。

東宝ニューフェイス第6期生の宝田はこの4月で傘寿(80歳)を迎えたが“還暦”のゴジラを「最強の同期生」と語る。第1作公開からの60年を「あっという間だった」と振り返り「仲間はだいぶ、遠く過ぎ去ってしまったけど、私にとっては記念すべき作品です」としみじみと語った。

出演が決まった時、撮影所の所長からは「宝田、やらせてやるから遅刻するなよ。セリフをちゃんと覚えてこいよ」と発破をかけられたそう。「撮影初日に『新人の主役の宝田明です』と挨拶したら、照明の親方から『バカヤロー、主役はゴジラだ!』と言われましたね(笑)」と懐かしそうに明かした。

当時は撮影所には冷房もなく、夏の厳しい暑さの中での撮影は苦労の連続だった。「よくあの暑い中を撮影したもんだね。山のシーンも何度も登って下りて……。船の上のシーンの潜水服も暑くて重くて、夜間から水をガブガブ飲んだもんです」と次々と当時のエピソードを語り、劇場に詰めかけたオールドファンを喜ばせた。

この日は、7月公開のハリウッド版「GODZILLA ゴジラ」のメガホンを握ったギャレス・エドワーズ監督も駆けつけ、宝田に花束を手渡した。第1作へのオマージュの思いを込めて「GODZILLA ゴジラ」を作ったという監督は「最近のアメリカやイギリスの映画はファンタジーにそれ以外の意味やメッセージを込めた作品を作っており、それを自分たちが発明したように思っているけど、実は60年前に東宝の『ゴジラ』がやっていたことです」と第1作への敬意を語る。さらに「世界中で(ハリウッド版は)ヒットしたとしても、日本でヒットしなければ意味がないと思ってます」と強い思いを口にした。

宝田は「もし次に出させてもらえるなら、唯一、ゴジラとアイコンタクトで意思疎通できる役がいいね。日本の近くにも“○〇ドン”とかいう武器を作っている国があるから、『ちょっと行って、基地を踏みつぶしてこい』って言ったら北の方に向かうかも(笑)。冗談ですけど」と常に時代への比喩や警鐘を含んだ『ゴジラ』シリーズのメンバーらしいユーモアたっぷりの発言で笑いを誘っていた。

ゴジラ」デジタルリマスター版は公開中。ハリウッド版『GODZILLA ゴジラ」は7月24日より公開。

ゴジラ ファイナルウォーズ Blu-ray【60周年記念版】[Blu-ray/ブルーレイ] ゴジラ ファイナルウォーズ Blu-ray【60周年記念版】[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,691 発達した科学により地球の環境は歪み、それによって目覚めた多くの巨大怪獣と地球防衛軍との戦いを描いた、ゴジラシリーズ50年の集大成となる作品。
ゴジラ(昭和29年度作品)Blu-ray【60周年記念版】[Blu-ray/ブルーレイ] ゴジラ(昭和29年度作品)Blu-ray【60周年記念版】[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,691 世界を震撼させた大怪獣が東京に上陸…。日本の特撮史上に輝く不朽の名作「ゴジラ」!

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi