異色ゾンビ映画「ニート・オブ・ザ・デッド」&「遺言」上映決定 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年3月24日 > 異色ゾンビ映画「ニート・オブ・ザ・デッド」&「遺言」上映決定
メニュー

異色ゾンビ映画「ニート・オブ・ザ・デッド」&「遺言」上映決定

2015年3月24日 20:30

「ニート・オブ・ザ・デッド」「遺言」場面写真「遺言」

「ニート・オブ・ザ・デッド」「遺言」場面写真
(C)「ニート・オブ・ザ・デッド」製作友の会
(C)Kosuke Kibe
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ゾンビ映画「ニート・オブ・ザ・デッド」と「遺言」が、東京・渋谷ユーロスペースで同時上映される。2作品はともにゾンビ化した家族との関係性や愛を描いており、ホラー作品としてのゾンビ映画とは異なる視点から物語が紡がれる。

ニート・オブ・ザ・デッド」は、昨年死去した脚本家・南木顕生さんの初監督作品にして遺作。ゾンビが蔓延する世界で一軒家に篭城(ろうじょう)する一家の息子がゾンビになってしまうことから始まるホームドラマ。なんとしてでも追い出したい父親と、反対する母親が激しく対立する様子から、コミカルなタッチで家族愛を描く。

筒井真理子木下ほうかが夫婦を演じ、映画監督・金子修介の長男である金子鈴幸がゾンビ化する息子役で本格スクリーンデビューする。ほかに、ホリケン。、映画監督の白石晃士、アイドルでエッセイストの白河理子が共演する。

遺言」は、27歳の若手映画監督木部公亮が、スタイリッシュな映像でシリアスに夫婦愛を描く。ゾンビ化した夫を殺せないまま、ベッドに縛り付けて生活をともにする妻・京子は、夫が生前に遺した遺言を発見する。昨年イギリスで開催されたブラム・ストーカー国際映画祭、2013年にドイツで開催された第14回ハンブルク日本映画祭で上映されるなど、海外からも評価を受けている。

ニート・オブ・ザ・デッド」「遺言」は、6月13日から東京・渋谷ユーロスペースで同時上映。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi