河瀬直美監督&松田美由紀、信頼築いた「2つ目の窓」を語る : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年6月3日 > 河瀬直美監督&松田美由紀、信頼築いた「2つ目の窓」を語る
メニュー

河瀬直美監督&松田美由紀、信頼築いた「2つ目の窓」を語る

2014年6月3日 14:20

(左から)河瀬直美監督、村上虹郎、松田美由紀「2つ目の窓」

(左から)河瀬直美監督、村上虹郎、松田美由紀
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 河瀬直美監督が6月2日、東京・アニエスベーボヤージュ表参道店で行われたレセプションパーティーに出席。女優の松田美由紀とともにトークショーを行い、第67回カンヌ国際映画祭コンペティション部門に出品した新作「2つ目の窓」について語り合った。

自然あふれる奄美大島を舞台に、少年少女が愛を知り、成長していく姿を描いたヒューマンドラマ。村上淳の息子・村上虹郎が、主人公の少年・界人役で俳優デビューを果たした。

河瀬監督は、「奄美大島という海」をテーマにした本作を、「私たちは海では生きていけないけれど、太古は水の中に存在していた。もう1度、陸と海がつながり合える世界をつくることは不可能だけれど、考えることはできる。ふたり(界人と吉永淳演じる杏子)の生命力が、未来につないでくれる」と説明し、「私たちは映画、人生を愛しているし、何があってもという思いで最後まで気を抜かずにつくった」。カンヌ映画祭では惜しくも賞を逃したが、「賞を取るために映画を撮っていない。映画体験、人生で得た物を真しにやり続けている。それだけをやり続けていられたら、本当に幸せ」と笑顔をのぞかせた。

松田は「直美さんという人は、それこそシャーマンなんじゃないかと思うことがある。自分がイメージするものを、自分の体を通してたどり着くすごいパワーがある」と明かし、「河瀬監督は“松田美由紀”という人を捨て、役に没頭させ、導いていく。そういうことをするのは、日本では河瀬監督だけ」と最敬礼。

島の人々から“ユタ神様”と慕われる女性役に挑み、「4日間本当に入院させられた。ほかの役者さんはバイトをさせられたり、杉本哲太さんはレストランで働いていた(笑)」。そんな松田に対し、河瀬監督は「フィルムに刻まれていないところでの時間の過ごし方がすごい。全部自分のものにしていた。だからこそのシーンができていた」と全幅の信頼を置いていた。

トークショーの最後には、村上がサプライズで登場。撮影中のエピソードを問われると、「あるポイントで感情を爆発してほしかったけれど、ポーカーフェイスで静かだった。全然感情を出さないから、思い切り殴りましたね(笑)」(河瀬監督)、「ビンタ2発くらい」(村上)と笑いを誘っていた。

2つ目の窓」は、7月26日から全国で公開。

萌の朱雀[DVD] 萌の朱雀[DVD] 最安価格: ¥3,036 『殯の森』でカンヌ国際映画祭グランプリを受賞した河瀬直美監督の劇場デビュー作で、10年前の同映画祭でカメラ・ドールを受賞した衝撃作『萌の朱雀』が初DVD化!
殯の森[DVD] 殯の森[DVD] 最安価格: ¥3,959 カンヌ国際映画祭審査員特別グランプリを受賞した、国内外で高い評価を受ける河瀬直美4年ぶりの長編劇映画。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi