「ポーランド映画祭2013」の人気作「イーダ」劇場公開決定 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年4月10日 > 「ポーランド映画祭2013」の人気作「イーダ」劇場公開決定
メニュー

「ポーランド映画祭2013」の人気作「イーダ」劇場公開決定

2014年4月10日 17:05

「イーダ」の一場面「イーダ」

「イーダ」の一場面
(C)Phoenix Film Investments and Opus Film
[拡大画像]

[映画.com ニュース] イエジー・スコリモフスキ監督が監修を務めたポーランド映画祭2013で、毎回満席を記録した話題作「イーダ」の劇場公開が7月に決定した。

共産主義体制のポーランドを出てヨーロッパ各国で映画を撮り続けてきた映画作家パベウ・パブリコフスキ監督が、初めて母国ポーランドで撮影した作品。1960年代初頭のポーランド。孤児として修道院で育った少女アンナは、初めて会ったおばから自分の本当の名前がイーダ・ベルシュタインであること、そしてユダヤ人であることを明かされる。両親はなぜ自分を捨てたのか、自身の出生の秘密を知るため、イーダはおばとともに旅に出る。

歴史の波に翻ろうされた戦後ポーランドを背景とした少女の成長物語を、モノクロ&スタンダードによるクラシックな映像美で叙情的に描き、詩的リアリズムに満ちた本作は、ワルシャワ国際映画祭でグランプリを獲得したほか、イギリス国際映画祭、トロント国際映画祭で賞を獲得するなど、世界の映画祭で高い評価を得ている。

イーダ」は、7月渋谷シアター・イメージフォーラムで公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi