天願大介監督、20年ぶりの自主映画「魔王」に込めた“第二の選択” : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年3月18日 > 天願大介監督、20年ぶりの自主映画「魔王」に込めた“第二の選択”
メニュー

天願大介監督、20年ぶりの自主映画「魔王」に込めた“第二の選択”

2014年3月18日 05:00

天願大介監督作「魔王」「魔王」

天願大介監督作「魔王」
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「世界で一番美しい夜」「デンデラ」で知られる天願大介監督の20年ぶりとなるインディペンデント映画「魔王」が、3月22日から東京・渋谷のアップリンクファクトリーで公開される。父・今村昌平監督作をはじめ、三池崇史監督作「インプリント ぼっけえ、きょうてえ」「十三人の刺客」の脚本などを多数手がけてきたことでも知られる天願監督が、なぜ今、自主映画に立ち戻ったのか。天願監督に話を聞いた。

謎の男“魔王”が現れたことをきっかけに、ある町に奇怪な出来事が起こり始める。その町に流れ着いた謎の美女・嘉子だけが魔王の正体を知っており、やがて女の驚くべき過去が明かされていくことで、2人の壮絶な決戦が幕を開ける。あらすじからは想像が難しい本作だが、天願監督いわく「震災で日本の綻(ほころ)びは露呈した。なのに、すべて元に戻ると嘘を言い続け、皆それを信じたがっている。羅針盤はもうどこにもない。今回は方角をめぐる闘いを通じ、不条理な世界に浮かび上がる、まったく新しい悪の形を描きたかった」という。

劇団「天井桟敷」出身で、寺山修司監督作「草迷宮」や石井聰亙(現・石井岳龍)監督作「エンジェルダスト」などで知られる若松武史が、主人公・魔王を怪演する。元宝塚歌劇団で演劇ユニット「metro」主宰の月船さららが、魔王と互角に張り合う正体不明の女・嘉子役に扮するほか、「カケラ」「愛の渦」などで存在感を示してきた若手実力派・中村映里子らが脇を固める。

天願監督にとって、本作は「デンデラ」(2011)以来3年ぶりとなる監督作。「ここ数年、映画を取り巻く環境は激変し、映画の位置は変わってしまった。悩んだ末にたどり着いた結論が自主映画だった。誰にも頼まれていないのに勝手に映画を撮る。それが俺にとっての『第二の選択』だ」と製作経緯を語る。

メジャー映画とインディーズ映画の二極化が進む昨今、天願監督は「すべて自費で作り、自分たちで上映する。馬鹿である。貧乏である。大変である。しかし希望はある。目指すは沼泥に棲息するなまずのように、しぶとく凶暴で悪食で髭の生えている感じの映画だ。我々はここに『なまず映画、あるいは第二の選択』を(勝手に)旗揚げいたします」と声明した。

魔王」は公開形態も通常の映画興行とは異なる。アップリンクファクトリーを皮切りに、神奈川・川崎市アートセンター、東京・新宿ゴールデン街劇場、新宿の居酒屋「としちゃん」まで、さまざまな場所での上映が決定している。詳細は公式サイト(http://namazueiga.com)へ。

十三人の刺客 〈Blu-ray〉通常版[Blu-ray/ブルーレイ] 十三人の刺客 〈Blu-ray〉通常版[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥2,538 幕府最大の密命を遂行すべく集結した十三人の刺客たちの壮絶なる戦いを描いた時代劇アクション!脚本:天願大介
デンデラ[DVD] デンデラ[DVD] 最安価格: ¥1,080 男に異常なまでの執着心をもつ女性の姿を、村上龍原作×三池崇史監督で描き出すサイコホラー。脚本:天願大介

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi