天願大介の愛弟子、シナリオ大賞グランプリ戴冠 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年12月28日 > 天願大介の愛弟子、シナリオ大賞グランプリ戴冠
メニュー

天願大介の愛弟子、シナリオ大賞グランプリ戴冠

2011年12月28日 20:00

第15回シナリオ大賞授賞式でスピーチする山崎佐保子「おじいちゃん、死んじゃったって。」

第15回シナリオ大賞授賞式でスピーチする山崎佐保子
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 新進気鋭の若手脚本家・山崎佐保子が、第17回函館港イルミナシオン映画祭(12月2~4日)で毎年行われている第15回シナリオ大賞のグランプリに相当する、函館市長賞を受賞した(園田新と同時受賞)。山崎の応募作「あんぽんたんとイカレポンチキ」は、壊れかけた家族の再生を描いたロードムービーだが、コミカルな会話劇を織り交ぜたコメディ仕立て。審査員を務めた作家の荒俣宏氏は「候補作中、私のいちばんのお気に入り」と絶賛している。

山崎は2003年に日本映画学校に入学し、荒井晴彦天願大介斎藤久志に師事した。卒業後はテレビ番組制作会社のADを経て、11年まで映画.com編集部に勤務。脚本のコンクールに応募するのは今作で6作目だが、10年には新人脚本家の登竜門である城戸賞に「おじいちゃん、死んじゃったって」を応募し、最終ノミネートにまで名を連ねた。

今作「あんぽんたんとイカレポンチキ」執筆に際しては、6月に道内でシナリオハンティングを敢行。帰京後、約1カ月をかけて書き上げた。応募段階から「手ごたえはかなりありました。毎回なんです、気合だけは……」と言葉少なに笑っていた山崎だが、5度目の挑戦で結実した。“師匠”たちからも祝福の連絡があったものの、「脚本は今後も書き続けていきますが、いずれは自分でメガホンをとりたい」と先を見据えている。

同映画祭のシナリオ大賞からは、これまでにも「パコダテ人」(宮崎あおい主演、前田哲監督)、「狼少女」(鈴木達也主演、深川栄洋監督)、「うた魂♪」(夏帆主演、田中誠監督)、「おと・な・り」(岡田准一麻生久美子主演、熊澤尚人監督)など多くの受賞作が映画化され、劇場公開されている。

なお、同シナリオ大賞で審査員を務めたのは荒俣氏のほか、脚本家の加藤正人、映画プロデューサーの河井信哉、映画監督の林海象の4人。映画祭期間中には、川本三郎諏訪敦彦大森一樹若松孝二平野勝之篠原哲雄、あがた森魚ら多くのゲストが来場した。

私立探偵 濱マイクシリーズ BOX[DVD] 私立探偵 濱マイクシリーズ BOX[DVD] 最安価格: ¥6,393 永瀬正敏主演で贈る「私立探偵 濱マイク」の「我が人生最悪の時」「遥かな時代の階段を」「罠 THE TRAP」のシリーズ3作品を収めたBOXセット。脚本:天願大介
おと な り(初回限定版)[DVD] おと な り(初回限定版)[DVD] 最安価格: - 岡田准一&麻生久美子初共演で贈る、“等身大のラブストーリー” 監督:熊澤尚人

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi