「デンデラ」天願監督、バンクーバー映画祭で父と同じ世界進出 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年8月17日 > 「デンデラ」天願監督、バンクーバー映画祭で父と同じ世界進出
メニュー

「デンデラ」天願監督、バンクーバー映画祭で父と同じ世界進出

2011年8月17日 13:23

天願大介監督も大舞台へ「デンデラ」

天願大介監督も大舞台へ
(C)2011「デンデラ」製作委員会
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 天願大介監督がメガホンをとり、姥(うば)捨山伝説をテーマに製作した「デンデラ」が、第30回バンクーバー映画祭の「Dragons & Tigers」部門で上映されることが決定した。同じく姥捨山伝説を扱った「楢山節考」(1983)で、カンヌ映画祭でグランプリを受賞した父、故今村昌平監督に続き、世界進出を果たす。

同映画祭は9月29日~10月14日、カナダ・バンクーバーで開催。ノンコンペティションだが、観客賞などを獲得した作品には賞金がおくられる。期間中、長編作品250本と短編作品100本の合計350作品を上映予定。昨年の「Dragons & Tigers」部門では、「13人の刺客」「冷たい熱帯魚」の日本作品2本が上映された。

古くから日本に残る姥(うば)捨て山伝説をテーマに、捨てられた50人の老婆が過酷な自然を相手に懸命に生き抜く姿を描く。主演の浅丘ルリ子をはじめ、倍賞美津子山本陽子草笛光子ら女優陣が、雪山で体当たりの演技を見せたことでも話題を集めた。

デンデラ」は全国で公開中。

デンデラ[DVD] デンデラ[DVD] 最安価格: ¥2,165 天願大介監督が佐藤友哉の同名小説を映画化。
楢山節考[DVD] 楢山節考[DVD] 最安価格: ¥2,426 70歳を迎えた冬に楢山に行くという貧しい村の未来を守るための掟“楢山まいり”をテーマに、生と死、親と子の人間関係の本質を追及した名作ドラマ。監督:今村昌平

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi